自動車運転免許取得・改造補助事業

自動車運転免許取得・改造補助事業とは

自動車運転免許取得・改造補助事業とは、「障害者総合支援法」に定める地域生活支援事業の一つです。自動車運転免許取得・改造補助事業では、自動車の運転が必要な身体障害者に対し、自動車運転免許の取得や自動車の改造にかかる費用の一部を助成しています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳3級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、3級に該当するケースとしては、統合失調症であって、残遺状態又は病状があり、人格変化の程度は著しくはないが、思考障害、その他の妄想・幻覚等の異常体験があるものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る