基幹相談支援センター

基幹相談支援センターとは

基幹相談支援センターとは、身体障害者、知的障害者、精神障害者の相談を総合的に行う地域における相談支援の中核的な役割を担う機関のことを指しています。基幹相談支援センターは、市町村又は市町村が委託する社会福祉法人、NPO等が設置します。基幹相談支援センターは、自ら障害者等の相談、情報提供、助言を行うほか、地域の相談支援事業者間の連絡調整や、関係機関の連携の支援を行います。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所とは、児童福祉法に基づき、18歳未満の子供が心身ともに健やかに育つよう、子供に関するどのような相談にも応じる公的な機関のことです。
児童福祉司(ソーシャルワーカー、児童心理司、医師、家庭相談員などの専門スタッフが相談に当たり、助言や指導などを行うほか、緊急の際には子供を一時保護します。
このため、すべての児童相談所にあてはまるわけではないものの、外部から容易にはアクセスできないようになっている一時保護所を設置していることがあります。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る