基幹相談支援センター

基幹相談支援センターとは

基幹相談支援センターとは、身体障害者、知的障害者、精神障害者の相談を総合的に行う地域における相談支援の中核的な役割を担う機関のことを指しています。基幹相談支援センターは、市町村又は市町村が委託する社会福祉法人、NPO等が設置します。基幹相談支援センターは、自ら障害者等の相談、情報提供、助言を行うほか、地域の相談支援事業者間の連絡調整や、関係機関の連携の支援を行います。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳3級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、3級に該当するケースとしては、気分(感情障害であって、気分、意欲・行動および思考の障害の病相期があり、その症状は著しくはないが、これを持続したり、ひんぱんに繰り返すものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る