難病

難病とは

難病とは、医学的に明確に定義されている用語ではないものの、治療が難しく、慢性の経過をたどる可能性があり、経済的な負担だけでなく介護などに著しく人手を要するために家族の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病のことをいいます。 現在、この難病に指定されている疾患は、国の「難治性疾患克服研究事業」(特定疾患調査研究分野)の対象である130疾患ですが、そのうち56疾患が、゛特定疾患治療研究事業対象疾患」として、医療費の助成対象になっています。

 追記
「難病法」(難病の患者に対する医療等に関する法律)の制定にともない、これまでの制度が大幅に改められ、医療費助成の対象疾病は平成27年1月に110疾病、平成27年7月に306疾病へと拡大されています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

審査請求前置主義について

生活保護についての決定に不服があるときは、処分をした行政庁かその上級行政庁に対する審査請求を行うことができるものとされていますが、裁判所に対して裁判を起こすことも可能です。
この場合、審査請求前置主義といって、裁判を起こす前に、かならず審査請求の手続を経なければならないことが、生活保護法のなかに明記されています。
ただし、審査請求をしたのにもかかわらず、相当の期間(50日以内にわたって裁決がないときは、審査請求が棄却されたものとみなして、裁判を起こすことができるようになっています。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る