難病

難病とは

難病とは、医学的に明確に定義されている用語ではないものの、治療が難しく、慢性の経過をたどる可能性があり、経済的な負担だけでなく介護などに著しく人手を要するために家族の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病のことをいいます。 現在、この難病に指定されている疾患は、国の「難治性疾患克服研究事業」(特定疾患調査研究分野)の対象である130疾患ですが、そのうち56疾患が、゛特定疾患治療研究事業対象疾患」として、医療費の助成対象になっています。

 追記
「難病法」(難病の患者に対する医療等に関する法律)の制定にともない、これまでの制度が大幅に改められ、医療費助成の対象疾病は平成27年1月に110疾病、平成27年7月に306疾病へと拡大されています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童手当とは

児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援するため、中学校修了前までの児童を養育している人に支払われる公的な手当のことです。いっぽうの児童扶養手当は、母子家庭などの生活の安定と児童の福祉の向上のために支給される手当で、満18歳になる年の年度末までの児童を監護している人が支給対象となっています。

リンク:児童手当・児童扶養手当

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る