交通バリアフリー法

交通バリアフリー法とは

交通バリアフリー法とは、平成12年に施行された「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」の略称のことです。交通バリアフリー法では、原則として1日5千人以上の利用者がある駅や空港などの施設において、エレベーターやスロープの設置などの公共交通機関のバリアフリー化を進めることを定めています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳1級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、1級に該当するケースとしては、家族や知人・近隣の人々と適切な意思伝達ができなかったり、協調的な対人関係を作れないものなどが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る