災害時要援護者台帳

災害時要援護者台帳とは

災害時要援護者台帳とは、災害緊急時において、避難するに当たり支援を必要とする障がいのある人や高齢者などの情報を取りまとめた台帳のことをいいます。この災害時要援護者台帳をもとにして、民生委員児童委員が障がいのある人や高齢者などの安否確認を行います。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所は、児童や家庭の相談に応じて、児童の適切な福祉を図るための公的機関です。
その相談内容は多岐にわたりますが、たとえば、養育困難や児童虐待などの養護相談、未熟児や病児などに関する保健相談、児童の心身障害や知的障害などに関する障害相談、虞犯少年や触法少年に関する非行相談、不登校や家庭のしつけなどに関する育成相談といったものが挙げられます。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る