言語聴覚士

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、「言語聴覚士法」に定められた資格を有し、音声機能、言語機能又は聴覚に障がいのある人の機能の維持向上を図るため、言語訓練やその他の訓練、これらに必要な検査及び助言・ 指導を行う人のことをいいます。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

教育に関わる扶助

生活保護制度のなかでは、教育や技能の習得に関わる経費について受給が認められることがあります。
教育扶助は、義務教育を受けるために必要となる経費に対する扶助であり、具体的には学級費、生徒会費、PTA会費、教材費、給食費などが含まれます。
生業扶助は、生計を維持するための小規模な事業に必要となる費用や、仕事のスキルを身につけるための費用に充当するもので、義務教育ではない高等学校の就学費用についても、このなかに含まれます。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る