手話奉仕員

手話奉仕員とは

手話奉仕員とは、聴覚障がい者と健聴者間のコミュニケーションの円滑化を図るため、所定の講習を受けて手話の技術を習得することにより、社会参加を助ける担い手として手話通訳を行う人のことをいいます。 手話奉仕員のほかにも、手話通訳者、手話通訳士などがあります。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所とは、子供(18才未満についてのあらゆる相談に応じる公的な機関で、それぞれの相談に対し、社会面、心理面、行動面などいろいろな角度から、児童福祉司、児童心理司、医師などのスタッフがチームを組んで、子供の問題解決に取り組んでいます。
都道府県や政令指定都市には、それぞれ一つ、または複数の児童相談所が開設されており、なかには中核市レベルであっても、特に児童福祉を手厚く行うため、児童相談所を開設しているところもみられます。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る