日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業とは

日常生活自立支援事業とは、認知症高齢者、知的障がいのある人、精神障がいのある人等のうち、判断能力が十分でな い人々が、地域において自立した生活を送ることを支援するための事業のことをいいます。日常生活自立支援事業の具体例としては、福祉サービスの利用や、日常的な金銭管理に関する援助を行うことなどが挙げられ、都道府県・指定都市社会福祉協議会および基幹的な市区町村社会福祉協議会を中心に実施されています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳3級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、3級に該当するケースとしては、中毒精神病であって、認知症は著しくはないが、その他の精神神経症状があるものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る