日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業とは

日常生活自立支援事業とは、認知症高齢者、知的障がいのある人、精神障がいのある人等のうち、判断能力が十分でな い人々が、地域において自立した生活を送ることを支援するための事業のことをいいます。日常生活自立支援事業の具体例としては、福祉サービスの利用や、日常的な金銭管理に関する援助を行うことなどが挙げられ、都道府県・指定都市社会福祉協議会および基幹的な市区町村社会福祉協議会を中心に実施されています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所は、児童福祉法第12条に基づいて設置され、市町村の児童相談業務への援助とともに、専門的な知識および技術が必要な児童に関する相談に応じ、医学的・心理学的診断などの結果に基づき、必要な指導・処遇を行う児童福祉行政の専門機関です。
児童福祉司、心理判定員などによる児童相談(巡回相談、ひきこもり対策、児童虐待防止、その他関係機関との連携による事業などを行っています。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る