廃用性症候群

廃用性症候群とは

廃用性症候群とは、過度に安静にするなど心身を使わないことが原因となって生じる筋肉の萎縮、関節の拘縮などの機能低下を指すことばです。廃用性症候群には、身体的なもののほか、精神的な意欲の減衰や記憶力低下なども該当するとされています。廃用性症候群は、介護保険上の特定疾病のひとつにも位置づけられています。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳1級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、1級に該当するケースとしては、気分(感情障害であって、高度の気分、意欲・行動および思考の障害の病相期があり、かつ、これらが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る