要約筆記奉仕員

要約筆記奉仕員とは

要約筆記奉仕員とは、主に手話によるコミュニケーション手段を持たない中途失聴者や難聴者のために、音声言語を文字化して伝えるなど、文字による情報提供やコミュニケーション支援を行うボラン ティアのことをいいます。

この用語辞典は、障害者福祉やその関連分野についてのさまざまな用語をピックアップして、端的な解説を加えたものです。その他の用語の解説は、用語辞典のトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

国の行政機関や地方公共団体などでは、社会保障、税金、災害対策といった分野でそれぞれが保有している個人情報と、このマイナンバーとを紐づけして、他の機関との情報のやり取りが効率的に進むようにします。
この場合、他人のマイナンバーを利用した成りすましを防止するため、本人確認などを厳正に行うしくみをととのえることにしています。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る