福祉法令解説

地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項とは



地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項とは

「地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項」の具体例として、社会保障審議会答申では、多様なサービスの連携促進をはじめ次のような事項を想定している。
市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画策定指針の在り方について(一人ひとりの地域住民への訴え) (平成14年1月28日社会保障審議会福祉部会答申)
(2)
地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項
○ 複雑多様化した生活課題を解決するため、社会福祉を目的とする多様なサービスの振興・参入促進及びこれらと公的サービスの連携による公私協働の実現
・民間の新規事業の開発やコーディネート機能への支援
○ 福祉、保健、医療と生活に関連する他分野との連携方策

このページでは、「地域福祉計画」に関連した質疑応答(地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項とは)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る