福祉法令解説

地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項とは



地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項とは

「地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項」の具体例として、社会保障審議会答申では、住民等の社会福祉活動への支援をはじめ次のような事項を想定している。
市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画策定指針の在り方について(一人ひとりの地域住民への訴え) (平成14年1月28日社会保障審議会福祉部会答申)
(3) 地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項
○ 地域住民、ボランティア団体、NPO法人等の社会福祉活動への支援
活動に必要な情報の入手、必要な知識、技術の習得、活動拠点に関する支援
地域住民の自主的な活動と公共的サービスの連携
○ 住民等による問題関心の共有化への動機付けと意識の向上、地域福祉推進への主体的参加の促進
地域住民、サービス利用者の自立
地域の福祉の在り方について住民等の理解と関心を深めることによる主体的な生活者、地域の構成員としての意識の向上
住民等の交流会、勉強会等の開催
○ 地域福祉を推進する人材の養成
地域福祉活動専門員、社会福祉従事者等による地域組織化機能の発揮

このページでは、「地域福祉計画」に関連した質疑応答(地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項とは)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る