福祉法令解説

手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違い



手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違い

手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違いについて、厚生労働省の「地域生活支援事業実施要綱」では次の通り説明されている。
「手話通訳士」は公的資格取得者、「手話通訳者」は主に都道府県の、「手話奉仕員」は主に市町村の養成研修を修了し登録された者を指す。
地域生活支援事業実施要綱
(別記6)意思疎通支援事業
(ア)「手話通訳士」・・・ 手話通訳を行う者の知識及び技能の審査・証明事業の認定に関する省令(平成21年3月31日厚生労働省令第96号)に基づき実施された手話通訳技能認定試験に合格し、登録を受けた者
(イ)「手話通訳者」・・・ 都道府県、指定都市及び中核市が実施する手話通訳者養成研修事業において「手話通訳者」として登録された者
(別記8)手話奉仕員養成研修事業
「聴覚障害者等との交流活動の促進、市町村の広報活動などの支援者として期待される日常会話程度の手話表現技術を習得した手話奉仕員」

このページでは、「手話」に関連した質疑応答(手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違い)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る