手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違い

手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違い

手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違い

手話通訳士、手話通訳者、手話奉仕員の違いについて、厚生労働省の「地域生活支援事業実施要綱」では次の通り説明されている。
「手話通訳士」は公的資格取得者、「手話通訳者」は主に都道府県の、「手話奉仕員」は主に市町村の養成研修を修了し登録された者を指す。
地域生活支援事業実施要綱
(別記6)意思疎通支援事業
(ア)「手話通訳士」・・・ 手話通訳を行う者の知識及び技能の審査・証明事業の認定に関する省令(平成21年3月31日厚生労働省令第96号)に基づき実施された手話通訳技能認定試験に合格し、登録を受けた者
(イ)「手話通訳者」・・・ 都道府県、指定都市及び中核市が実施する手話通訳者養成研修事業において「手話通訳者」として登録された者
(別記8)手話奉仕員養成研修事業
「聴覚障害者等との交流活動の促進、市町村の広報活動などの支援者として期待される日常会話程度の手話表現技術を習得した手話奉仕員」

スポンサーリンク

このカテゴリでは、障害福祉に関する各種法令のあらましを紹介しています。
法令の詳細については 厚生労働省ホームページ ほかをご覧ください。
法令の条文検索は 法令データ提供システムe-gov が便利です。
その他の項目の解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

その他のトピック

申請に必要な書類

生活保護の申請にあたっては、申請書と印鑑、マイナンバーがわかるもの(マイナンバーカードなどのほかには、特に定型的に必要となる書類があるわけではありませんが、生活保護制度の仕組みについての説明を受けるため、福祉事務所の生活保護担当窓口での事前相談は必須です。
また、生活保護申請をした後に行われる調査のなかで、世帯の収入や資産の状況などがわかる資料、たとえば銀行の預金通帳の写しや会社からの給与明細などといった書類の提出を求められることがあります。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る