福祉法令解説

手話通訳士の根拠法令



手話通訳士の根拠法令

「手話通訳を行う者の知識及び技能の審査・証明事業の認定に関する省令」により審査・証明業務を行う者として社会福祉法人聴力障害者情報文化センターが認定され、厚生労働省所管の公的資格となっている。
手話通訳を行う者の知識及び技能の審査・証明事業の認定に関する省令 (平成21年3月31日厚生労働省令第96号)
(認定)
第二条  厚生労働大臣は、審査・証明事業であって、手話通訳技能の向上を図り、手話通訳を行う者に対する社会的信頼を高める上で奨励すべきものを、次条に規定する基準により認定する。

このページでは、「手話」に関連した質疑応答(手話通訳士の根拠法令)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る