福祉法令解説

福祉有償運送の法令違反に係る行政処分



福祉有償運送の法令違反に係る行政処分

国土交通大臣は、法律の規定により、法令違反等を行った自家用有償旅客運送者に対し、業務停止命令や取消し等の行政処分を行うことができる。

道路運送法 (昭和26年6月1日法律第183号)

(業務の停止及び登録の取消し)
第七十九条の十二  国土交通大臣は、自家用有償旅客運送者が次の各号のいずれかに該当するときは、六月以内において期間を定めてその業務の全部若しくは一部の停止を命じ、又は登録を取り消すことができる。
一  この法律若しくはこの法律に基づく命令若しくはこれらに基づく処分又は登録に付した条件に違反したとき。
二  不正の手段により第七十九条の登録、第七十九条の六第一項の有効期間の更新の登録又は第七十九条の七第一項の変更登録を受けたとき。
三  第七十九条の四第一項第一号、第三号、第四号又は第六号の規定に該当することとなつたとき。
四  第七十九条の四第一項第五号の合意が当該合意の定め又は同号に規定する関係者の合意により解除されたとき。
2  第七十九条の四第二項の規定は、前項の場合について準用する。

このページでは、「福祉有償運送」に関連した質疑応答(福祉有償運送の法令違反に係る行政処分)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る