福祉法令解説

福祉サービスの基本理念とは



福祉サービスの基本理念とは

社会福祉法人が福祉サービスを提供するに際しての基本理念として、法律は、個人の尊厳の保持を旨とし、利用者が心身ともに健やかに育成され、またはその有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるように支援するものであって、良質かつ適切なものでなければならないと定めている。

社会福祉法
(昭和26年3月29日法律第45号)

(福祉サービスの基本的理念)
第三条  福祉サービスは、個人の尊厳の保持を旨とし、その内容は、福祉サービスの利用者が心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとして、良質かつ適切なものでなければならない。


このページでは、「社会福祉法人」に関連した質疑応答(福祉サービスの基本理念とは)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る