福祉法令解説

福祉サービスの提供の原則とは



福祉サービスの提供の原則とは

社会福祉法人をはじめ社会福祉を目的とする事業の経営者は、福祉サービスが利用者の意向を尊重して提供され、かつ、保健医療その他の関連するサービスとの有機的な連携を図りつつ総合的に提供されるように努めなければならないとされている。

社会福祉法
(昭和26年3月29日法律第45号)

(福祉サービスの提供の原則)
第五条  社会福祉を目的とする事業を経営する者は、その提供する多様な福祉サービスについて、利用者の意向を十分に尊重し、かつ、保健医療サービスその他の関連するサービスとの有機的な連携を図るよう創意工夫を行いつつ、これを総合的に提供することができるようにその事業の実施に努めなければならない。


このページでは、「社会福祉法人」に関連した質疑応答(福祉サービスの提供の原則とは)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る