社会福祉法人の理事の定数と適正人数

社会福祉法人の理事の定数と適正人数

社会福祉法人の理事の定数と適正人数

理事の定数は、社会福祉法において「3名以上」と定められている(法定数)。
しかしながら、社会福祉法人定款準則においては「6名以上とすること」としており、これが法人運営のための適正な人数と解釈できる。

社会福祉法
(昭和26年3月29日法律第45号)

(役員の定数、任期、選任及び欠格)
第三十六条  社会福祉法人には、役員として、理事三人以上及び監事一人以上を置かなければならない。
2~4 (略)

社会福祉法人定款準則
(「社会福祉法人の認可について」(平成12年12月1日障第890号・社援第2618号・老発第794号・児発第908号厚生省大臣官房障害保健福祉部長、社会・援護局長、老人保健福祉局長、児童家庭局長連名通知))

第二章 役員及び職員
(役員の定数)
第五条 この法人には、次の役員を置く。
 (1)  理事   〇〇名
 (2)  監事   〇〇名
2 理事のうち一名は、理事の互選により、理事長となる。
3 理事長は、この法人を代表する。
4 役員の選任に当たっては、各役員について、その親族その他特殊の関係がある者が、理事のうちに〇名を超えて含まれてはならず、監事のうちにこれらの者が含まれてはならない。
(備考)
(1) 理事の定数は、六名以上とすること。
   監事の定数は、二名以上とすること。

スポンサーリンク

このカテゴリでは、障害福祉に関する各種法令のあらましを紹介しています。
法令の詳細については 厚生労働省ホームページ ほかをご覧ください。
法令の条文検索は 法令データ提供システムe-gov が便利です。
その他の項目の解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

その他のトピック

児童手当とは

児童手当は、子供を養育している人に支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担うお子さんの健やかな成長に資することを目的とする手当です。児童扶養手当は、父母の離婚や死亡等によって、父又は母と生計を同じくしていない児童について、その児童の養育者に対して支給する手当です。

リンク:児童手当・児童扶養手当

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る