福祉法令解説

取得した個人情報の利用目的の通知・公表義務



取得した個人情報の利用目的の通知・公表義務

個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を広く一般に発表している場合や、法令の規定で特に除外されている場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。 利用目的の変更があった場合も同様である。

個人情報の保護に関する法律
(平成15年5月30日法律第57号)

 (取得に際しての利用目的の通知等)
第十八条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。
2 (略)
3 個人情報取扱事業者は、利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、本人に通知し、又は公表しなければならない。
4 (略)


このページでは、「個人情報保護」に関連した質疑応答(取得した個人情報の利用目的の通知・公表義務)について解説しています。
他の法令等の解説は、 [ホーム] から項目名を探すか、または検索ボックスにキーワードを入力して検索してください。


↑ ページの最初に戻る