マイナンバー制度

青森県中泊町


通知カードの発送状況

青森県中泊町に住所をもつ個人に対し、その人のマイナンバーを知らせるための「通知カード」の初回発行分は平成27年10月28日に発送を完了しています。
新たに出生した子、外国から青森県中泊町に転入してきた人などについては、出生届・転入届などの届出があった都度、その人のマイナンバーを記載した通知カードが発送されます。




通知カードを受け取れなかったとき

マイナンバーの通知カードは、簡易書留により住民票に記載された住所あてに郵送されていますが、配達の際に不在で受け取れないなどして郵便局での保管期間を経過すると、いったん差出人である市区町村役場に差し戻されます。
中泊町役場の窓口に本人または代理人が通知カードを受け取りに行く場合は、身分証明書や委任状などを持参する必要があります。


マイナンバーの効果

マイナンバーは、社会保障、税金、災害対策の分野で、行政が効率的に情報を管理するために活用されることになっています。
たとえば、これまでは市区町村役場、税務署、社会保険事務所など複数の機関がばらばらに個人情報を管理していたため、それぞれの役所を回って書類の交付を受けた上で、他の役所に提出することがありました。
しかし、マイナンバー制度の導入後は、社会保障関連の申請時に課税証明書などの添付書類を提出しなくてもよくなるなど、面倒な手続が簡単になります。


マイナンバーの効果

マイナンバー制度の導入後は、国や地方公共団体での手続に際して、個人番号を提示したり、申請書への記載をしたりすることになります。
このことによって、国や地方公共団体の間で、マイナンバーを通じた情報連携ができるようになり、これまでは処理に時間がかかっていた情報の照合、転記に要する時間や労力が大幅に削減され、手続が正確でスムーズになります。
また、本人や家族が受けられるサービスの情報の案内を随時受け取ることも可能になります。


青森県中泊町の電話番号・所在地

地図が表示されるまでお待ちください。

名称 青森県中泊町
所在地 〒037-0392
青森県北津軽郡中泊町大字中里字亀山434-1
電話番号 0173-57-2111
備考


マイナンバーとは

「マイナンバー」とは、日本国内に住民登録のあるすべての人に与えられる、12桁の桁数を持つ個人番号のことです。
マイナンバーを知られるために全国民に郵送される「通知カード」は、行政機関の窓口でマイナンバーの提供を求められた際に利用することが可能ですが、本人確認のためには別途、運転免許証などの書類の提示が必要となります。
しかし、顔写真付きのICカードの「個人番号カード」を申請して交付を受ければ、以後はそのカードは身分証明証としても使えるようになりますので便利です。
その場合、すでにある「通知カード」は、市区町村役場にに返納しなければなりません。


通知カードを紛失したとき

通知カードを紛失した場合には、中泊町役場に「通知カード紛失届」とあわせて「通知カード再交付申請書」および身分証明証(運転免許証やパスポートなど)を提出し、再発行を受けることは可能です。
ただし、所定の手数料がかかる上に、事前に警察署への「遺失届」の提出が必要になる(警察署名と遺失届受理番号の申告が必要になる)ことがあります。
通知カードの再交付申請が認められた場合でも、窓口で即時に発行されるわけではなく、通常は申請から発行までに数週間はかかります。


自分のマイナンバー(個人番号)がわからないとき

通知カードの発行は既に受けており、明確に紛失や盗難があったわけではないものの、家の中の保管場所を忘れるなどして自分のマイナンバー(個人番号)がわからないときには、中泊町役場の窓口で「マイナンバーの記載がある住民票の写し」の発行を受ければ、再交付申請の手続きよりも簡単に、自分のマイナンバーを知ることができます。
ただし、この場合も所定の手数料がかかるほか、記載事項にマイナンバーを含めて(申請書の該当欄にチェックして)申請をする必要があります。
なお、住民票の申請時に申出がなければ、通常はマイナンバーの記載は省略されてしまいます。



 

はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (主婦の友実用No.1シリーズ) Amazon アソシエイト

ポジティブ・アクション

マイナンバー総合フリーダイヤル
  0120-95-0178
平日 8時30分~20時00分
土日祝 9時30分~17時30分
(年末年始を除く)




↑ ページの最初に戻る