マイナンバーの通知カード

マイナンバー制度とは、国内で住民基本台帳に登録されているすべての人に12桁の番号を割り振って、税金、社会保障、災害対策などの分野における情報のやり取りをスムーズにするための制度をいいます。
平成27年10月以降、市区町村からマイナンバーが記載された「通知カード」が送付され、自分のマイナンバーを知ることができます。
平成28年1月以降は、市区町村に申請すると、「個人番号カード」とよばれる顔写真つきの証明書の交付を受けることができ、このカードからもマイナンバーの確認が可能です。

スポンサーリンク

通知カードとは

マイナンバー(社会保障・税番号)とは、国民一人ひとりがもつ12桁の番号のことで、税や社会保障、災害対策の手続きで利用されます。
このマイナンバーは、住民票がある市区町村の長が指定し、本人に通知することになっているため、その通知に用いられているのが「住民カード」とよばれる紙のカードになります。

通知カードの用途

この「通知カード」は、行政機関の窓口などでマイナンバー(個人番号)を求められた際に、その番号を確認するために利用することが可能です。
ただし、本人確認を行うために、運転免許証などの公的書類の提示が別途必要となります。
この「通知カード」とは別に、本人確認用の身分証明証としても使える、プラスチック製の「個人番号カード」とよばれるものがあり、申請すれば交付してもらうことができます。
ただし、「個人番号カード」の交付を受ける場合には、「通知カード」は市区町村に返納しなければなりません。

通知カードの送付方法

マイナンバーの「通知カード」は、平成27年10月から、全国的に住民票の住所へ順次送付されていますが、郵便物としてはあまりにも大量なため、一部で遅れも出ているようです。
この「通知カード」は、世帯主宛てで、世帯全員分が簡易書留で郵送されているため、基本的には自宅で郵便局員の手渡しということになります。
この簡易書留の封筒のなかには、「個人番号カード」の申請書、返信用封筒、説明書なども同封されています。

通知カードに記載される情報

「通知カード」のなかには、市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」が 記載されています。
マイナンバーは原則として生涯にわたって変わらないたいせつなものですので、もしも記載事項にまちがいがあった場合には、市区町村に届け出て、記載事項を訂正して、新しく発行してもらうようにします。

通知カードの配達について

マイナンバー制度でははじめての「通知カード」の配達については、当初は平成27年11月末ごろまでがめどとされていましたが、あまりにも通数が多く、一部地域では12月にずれ込むといわれています。
特定の市区町村分のマイナンバーの「通知カード」が郵便局に差し出された日から、おおむね20日程度までに届けられるというのが標準的な日数です。

通知カードが不在で受け取れなかったときは

「通知カード」は簡易書留で郵送されますので、なかには仕事のため不在にしていたなどの理由で、郵便局員が配達にきたときに受け取れないこともあります。
この場合、「郵送物等ご不在連絡票」とよばれる赤色のはがきがポストに投函されているはずですので、郵便局での保管期限内に、この「ご不在連絡票」に書かれた方法で、再配達などの手続きをする必要があります。

Amazon アソシエイト

スポンサーリンク

マイナンバー総合フリーダイヤル
  0120-95-0178
平日 8時30分~20時00分
土日祝 9時30分~17時30分
(年末年始を除く)


ポジティブ・アクション