マイナポータル

マイナンバー制度とは、国内で住民基本台帳に登録されているすべての人に12桁の番号を割り振って、税金、社会保障、災害対策などの分野における情報のやり取りをスムーズにするための制度をいいます。
平成27年10月以降、市区町村からマイナンバーが記載された「通知カード」が送付され、自分のマイナンバーを知ることができます。
平成28年1月以降は、市区町村に申請すると、「個人番号カード」とよばれる顔写真つきの証明書の交付を受けることができ、このカードからもマイナンバーの確認が可能です。

スポンサーリンク

マイナポータルとは

「マイナポータル」とは、「情報提供等記録開示システム」の愛称で、インターネット上でマイナンバーにかかわるさまざまな情報を照会するとができるシステムのことです。
平成29年1月から利用開始の予定となっており、このシステムには自宅のパソコンやスマートフォンなどからアクセスができるとともに、公共機関にも専用端末が設置されることになっています。

マイナポータルで可能なこと

「マイナポータル」では、つぎのようなことがらを処理することができるものとされています。
  • 自分の個人情報をいつ、誰が、なぜ提供したかを確認する
  • 行政機関が保有する自分に関する情報を確認する
  • 行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報などを表示する
  • 行政機関への手続きを一度で済ませる
より具体的には、社会保険料の支払金額や確定申告を行う際の参考情報などを容易に入手できるようになったり、納税の際の決裁をキャッシュレスで電子的に行うサービスが利用できるようになったり、引っ越しのときにワンストップでの官民横断的な手続きができるようになったというイメージを想定しています。

マイナポータルとセキュリティ

「マイナポータル」は、マイナンバーに関連した個人情報を扱うことから、本人なりすましや情報漏えいなどのセキュリティ面での不安がないようにしなければなりません。
そこで、「マイナポータル」を利用する際には、「個人番号カード」のICチップに搭載される公的個人認証サービスの電子証明書によりログインすることとしており、マイナンバーで直接ログインすることはありません。

マイナポータルという愛称について

マイナンバー制度の導入にあわせて新たに構築される個人ごとのポータルサイトのことは、マイナンバー法附則第6条で「情報提供等記録開示システム」という略称で呼ばれていました。
しかし、これではあまりにも堅苦しい名前のため、より親しみを感じられるよう、マイナンバー制度の広報用ロゴマーク「マイナちゃん」の名前にちなみ、平成27年4月に「マイナポータル」という愛称に決定しました。

Amazon アソシエイト

スポンサーリンク

マイナンバー総合フリーダイヤル
  0120-95-0178
平日 8時30分~20時00分
土日祝 9時30分~17時30分
(年末年始を除く)


ポジティブ・アクション