通知カードを受け取れなかった場合は

マイナンバー制度とは、国内で住民基本台帳に登録されているすべての人に12桁の番号を割り振って、税金、社会保障、災害対策などの分野における情報のやり取りをスムーズにするための制度をいいます。
平成27年10月以降、市区町村からマイナンバーが記載された「通知カード」が送付され、自分のマイナンバーを知ることができます。
平成28年1月以降は、市区町村に申請すると、「個人番号カード」とよばれる顔写真つきの証明書の交付を受けることができ、このカードからもマイナンバーの確認が可能です。

スポンサーリンク

通知カードの再配達

マイナンバーが記載された通知カードは、2015年12月までに、簡易書留により住民票の住所あてに郵送されていますが、転送不要の扱いになっています。
そのため、不在などで受け取れなかった場合は、一定期間は郵便局に留め置かれ、再配達の申し込みがあれば、住所地に再配達されますが、この期間を経過してしまうと、いったん市町村役場に差し戻されてしまいます。
市町村役場に返戻後のマイナンバーの通知カードの取り扱いは、市町村ごとに異なっており、一度だけ市町村役場から簡易書留で再発送するとしているところ、市町村役場の窓口に本人が取りにくるまで待つとしているところと、両方のパターンがあります。
期間経過後の取り扱いについては、住所地の市町村役場に電話などで確認をしたほうがよいでしょう。

通知カードを市町村役場窓口で受け取るには

郵便局での保管期間を経過したマイナンバーの通知カードは、上記のとおり、いったん市町村役場に返戻されますので、通常の場合は、市町村役場に本人か代理人が取りに行かなければなりません。
マイナンバーの通知カードの受け取りにあたっては、本人確認書類の提示を求められますが、当初の配達のときと同様に、住民票の世帯単位で交付される関係上、通知カードが同封されている人全員分の書類を求められる場合がありますので、その意味でも住所地の市町村役場への確認が求められます。
場合によっては、市町村役場からハガキで受け取りについての案内が届くことがありますので、もし届いた場合には、その指示にしたがってください。
通常、通知カード受け取りの際に必要とされる本人確認書類は、次のようなものです。
  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • パスポート
  • 身体障害者手帳、療育手帳(愛の手帳)または精神障害者保健福祉手帳
  • 在留者カードまたは特別永住者証明書
  • その他、健康保険証、介護保険証、生活保護受給者証、年金手帳などの写真のないものについては、そのなかから2点

Amazon アソシエイト

スポンサーリンク

マイナンバー総合フリーダイヤル
  0120-95-0178
平日 8時30分~20時00分
土日祝 9時30分~17時30分
(年末年始を除く)


ポジティブ・アクション