福岡市精神保健福祉センター

イメージ

スポンサーリンク

薬物依存について

覚醒剤やシンナーなどの依存性薬物を使用すると、一時的には快感が高まったりもするものの、しだいに身体・精神の両面にわたる依存が強まり、なかなかやめられなくなってしまいます。
これらの依存性薬物は、脳に作用して幻覚や妄想などをもたらし、生活の破綻をきたしますが、薬物依存症は必ずしも回復不可能な病気ではありません。
精神保健福祉センターでは、薬物依存症についての相談も受け付けています。

精神障害者保健福祉手帳1級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、1級に該当するケースとしては、気分(感情)障害であって、高度の気分、意欲・行動および思考の障害の病相期があり、かつ、これらが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするものが挙げられます。

精神保健福祉センターとは

精神保健福祉センターとは、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」第6条の規定により、精神保健の向上および精神障害者の福祉の増進を図るための機関として、各都道府県および各政令指定都市に設置されるものをいいます。
「福岡市精神保健福祉センター」は、福岡市が設置する精神保健福祉センターであり、双極性障害や広汎性発達障害などの精神保健に関する相談窓口を開設しているほか、「精神保健福祉手帳」の交付決定などの業務を行っています。

スポンサーリンク

 福岡市精神保健福祉センターの所在地、連絡先や地図は次のとおりです。

 ここに地図が表示されるまでしばらくお待ち下さい。
 右下のロゴをクリックすると大きな地図に遷移します。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 福岡市精神保健福祉センター
郵便番号 810-0073
設置主体 福岡市
所在地 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目5-1
電話番号 092-737-8825

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)
(精神保健福祉センター)
第六条 都道府県は、精神保健の向上及び精神障害者の福祉の増進を図るための機関(以下「精神保健福祉センター」という。)を置くものとする。
2 精神保健福祉センターは、次に掲げる業務を行うものとする。 一 精神保健及び精神障害者の福祉に関する知識の普及を図り、及び調査研究を行うこと。
二 精神保健及び精神障害者の福祉に関する相談及び指導のうち複雑又は困難なものを行うこと。
三 精神医療審査会の事務を行うこと。
四 第四十五条第一項の申請に対する決定及び障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第五十二条第一項に規定する支給認定(精神障害者に係るものに限る。)に関する事務のうち専門的な知識及び技術を必要とするものを行うこと。
五 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第二十二条第二項又は第五十一条の七第二項の規定により、市町村(特別区を含む。第四十七条第三項及び第四項を除き、以下同じ。)が同法第二十二条第一項又は第五十一条の七第一項の支給の要否の決定を行うに当たり意見を述べること。
六 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第二十六条第一項又は第五十一条の十一の規定により、市町村に対し技術的事項についての協力その他必要な援助を行うこと。

Amazon アソシエイト

 welfare.so-good.jp

サイト内検索

地方別索引

日本地図

みんなのメンタルヘルス

 地図右下のロゴをクリックすると、さらに大きな「Yahoo! JAPAN 地図」で閲覧することができます。

Amazon アソシエイト

▲ ページの先頭に戻る