所得税・住民税の控除

所得税・住民税の控除

所得税・住民税の控除とは

本人やその配偶者、扶養親族が障害者である場合について、確定申告により所得税・住民税の一定額が控除されます。

所得税・住民税控除の対象と控除の内容

対象控除の種類所得税住民税
一般の障害者障害者控除27万円26万円
重度の障害者
身体障害:1、2級
知的障害:重度
精神障害:1級
特別障害者控除40万円30万円
配偶者及び扶養親族が同居の特別障害者同居特別障害者加算75万円53万円

所得税・住民税控除の手続

納税義務者がサラリーマンの場合は、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に必要事項を記入して年末調整で控除する。
納税義務者が自営業などの場合は、「確定申告書」の「障害者控除」欄に必要事項を記入して申告する。

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳1級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、1級に該当するケースとしては、てんかんのなかでも、ひんぱんに繰り返す発作または知能障害その他の精神神経症状が高度であるものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る