NHK受信料の減免

NHK受信料の減免

NHK受信料の減免とは

NHKと放送受信契約を結んでいる世帯について、受信料を免除する制度があります。

NHK受信料の減免対象と減免内容

対象減免額
障害者手帳所持者が世帯構成員で、世帯全員が市町村民税非課税全額
障害者本人が世帯主かつ受信契約者で、次のいずれかの場合
 視覚又は聴覚障害者
 身体障害:1・2級
 知的障害:重度
 精神障害:1級
半額

NHK受信料の減免の必要書類

  • 申請書
  • 印鑑

NHK受信料の減免までの流れ

  • 市町村の福祉課窓口で申請書を記載し、市町村の証明を受ける。
  • 証明を受けた申請書をNHKに提出する。
  • NHKから折り返し「受信料全額免除証明書」が郵送され、受信料が減免される。
  • NHKの受信契約をしていない場合は、あわせて受信契約を締結する。

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

自分のマイナンバーは、住民票をもつすべての人に郵送される「通知カード」によってあきらかになります。
この「通知カード」は、平成27年10月以降、全国の市区町村で順次発送されることになっていますが、もしも平成27年10月以降に生まれた赤ちゃんがあった場合、役所に出生届を提出して、住民票に登録された時点で、あわせてマイナンバーも作成されることになりますので、保護者から改めて申請する必要はありません。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る