NHK受信料の減免

NHK受信料の減免

NHK受信料の減免とは

NHKと放送受信契約を結んでいる世帯について、受信料を免除する制度があります。

NHK受信料の減免対象と減免内容

対象減免額
障害者手帳所持者が世帯構成員で、世帯全員が市町村民税非課税全額
障害者本人が世帯主かつ受信契約者で、次のいずれかの場合
 視覚又は聴覚障害者
 身体障害:1・2級
 知的障害:重度
 精神障害:1級
半額

NHK受信料の減免の必要書類

  • 申請書
  • 印鑑

NHK受信料の減免までの流れ

  • 市町村の福祉課窓口で申請書を記載し、市町村の証明を受ける。
  • 証明を受けた申請書をNHKに提出する。
  • NHKから折り返し「受信料全額免除証明書」が郵送され、受信料が減免される。
  • NHKの受信契約をしていない場合は、あわせて受信契約を締結する。

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

生活保護の級地制度について

生活保護を受けるにあたって、具体的に支給される保護費は、その人が住んでいる場所によって、大きく異なってくることがあります。
生活保護制度のなかでは、地域における生活様式や物価の格差を生活保護基準にも反映させることを目的として制度が設けられており、これを級地制度と呼んでいます。
基本的には全国の市区町村ごとに、1級地-1から3級地-2までの6つの級地に区分され、どの級地に属するのかによって、保護費の基準となる金額に差が生じています。
東京都の区部は1級地-1、札幌市など政令指定都市レベルで1級地-2、金沢市などの中核市レベルで2級地-1といった具合です。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る