移動支援事業

移動支援事業

移動支援事業とは

屋外での移動が困難な障害者について、ガイドヘルパーが付き添い、外出のための支援を行います。

移動支援事業の対象者

障害者等であって、市町村が外出時に移動の支援が必要と認めた者

移動支援事業の対象となる外出

社会生活上必要不可欠な外出(冠婚葬祭、預金の引出し、日用品の買物など)及び余暇活動(スポーツ大会、講演会への参加など)

移動支援事業の申請窓口

市町村の福祉課

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

勤労控除について

生活保護は、生活困窮者に最低生活の保障をすることを通じて自立を助長するための制度ですので、支給される保護費は最低生活費から収入を差し引いた残りの額というのが原則です。
しかし、勤労収入を得るためには、スーツ購入などの被服費、技能向上のための書籍代・セミナー代などの経費がかかることから、勤労収入のうちの一定額を控除する勤労控除が認められています。
あわせて、生活保護対象者の勤労意欲を高める目的で、勤労収入に比例して控除額も増加する方式(収入金額比例方式がとられています。
そのほか、特別控除や新規就労控除のような控除制度も設けられています。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る