移動支援事業

移動支援事業

移動支援事業とは

屋外での移動が困難な障害者について、ガイドヘルパーが付き添い、外出のための支援を行います。

移動支援事業の対象者

障害者等であって、市町村が外出時に移動の支援が必要と認めた者

移動支援事業の対象となる外出

社会生活上必要不可欠な外出(冠婚葬祭、預金の引出し、日用品の買物など)及び余暇活動(スポーツ大会、講演会への参加など)

移動支援事業の申請窓口

市町村の福祉課

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

審査請求前置主義について

生活保護についての決定に不服があるときは、処分をした行政庁かその上級行政庁に対する審査請求を行うことができるものとされていますが、裁判所に対して裁判を起こすことも可能です。
この場合、審査請求前置主義といって、裁判を起こす前に、かならず審査請求の手続を経なければならないことが、生活保護法のなかに明記されています。
ただし、審査請求をしたのにもかかわらず、相当の期間(50日以内にわたって裁決がないときは、審査請求が棄却されたものとみなして、裁判を起こすことができるようになっています。

リンク:生活保護

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る