日中一時支援事業

日中一時支援事業

日中一時支援事業とは

在宅の障害者・障害児の介護者が一時的に介護ができないときに、施設や学校の空き教室などで預かり、見守りをするサービスです。

日中一時支援事業の対象者

日中において監護する者がいないため、一時的に見守り等の支援が必要と市町村が認めた障害者・障害児

日中一時支援事業の申請窓口

市町村の福祉課

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

マイナンバーを通知するため、全国民に「通知カード」が郵送されますが、このカードにはマイナンバーのほか、住所、氏名、生年月日、性別などが記載されています。
「通知カード」は紙でできたカードですが、さらに本人確認にも使える顔写真つきのプラスチック製のICカード「個人番号カード」があり、こちらは別途申請が必要ですので、「通知カード」とあわせて同封されている申請書を郵送するか、またはネットで申請をします。
「個人番号カード」の交付手数料は、当分の間は無料となっています。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る