盲導犬の貸与

盲導犬の貸与

盲導犬の貸与とは

視覚障害者が安全に移動し社会参加を図るために盲導犬を無償貸与します。

盲導犬の貸与の対象者

18歳以上の身体障害者手帳取得者で、視力障害程度が1、2級の人(ただし、貸与にあたり事前の共同訓練が必要です。)

盲導犬の貸与の申請窓口

全国の盲導犬協会、訓練センター

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

児童相談所とは

児童相談所とは、18歳未満の児童に関するあらゆる相談に応じ、児童や家庭に最も適した援助や助言などを行う機関で、すべての都道府県および政令指定都市に設置されているほか、一部の中核市にも設置されていることがあります。
出産や子育ての悩み、子供の性格としつけ、不登校やひきこもりなどの問題行動、非行その他のことがらについて、児童福祉司、児童心理司、医師などの専門職員が対応に当たります。
また、児童虐待から子供を守るための一時保護も行っています。

リンク:全国の児童相談所

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る