更生医療

更生医療

更生医療とは

障害者が一定の医療を受けた際に、病院・薬局で支払う医療費の自己負担分を原則1割に軽減する公費負担制度です。

更生医療の対象者

身体障害者手帳を所持する18歳以上の人が対象です。
障害の種類に応じて対象となる医療(手術)が異なります。

更生医療の必要書類

  • 申請書
  • 印鑑
  • 身体障害者手帳
  • 健康保険証(本人と同一保険に加入している家族全員のもの)
  • 自立支援医療給付意見書(医師が記載したもの)

更生医療の申請窓口

市町村の福祉課

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

精神障害者保健福祉手帳3級の認定要件

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級までの等級が設けられています。
このうち、3級に該当するケースとしては、統合失調症であって、残遺状態又は病状があり、人格変化の程度は著しくはないが、思考障害、その他の妄想・幻覚等の異常体験があるものが挙げられます。

リンク:精神保健

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る