重度心身障害者(児)医療費助成制度

重度心身障害者(児)医療費助成制度

重度心身障害者(児)医療費助成制度とは

重度障害者(児)が診療を受けた際の医療費の自己負担分を支給する制度です。

重度心身障害者(児)医療費助成制度の対象者

  • 身体障害者手帳1級又は2級の所持者
  • 身体障害者手帳3級を所持し、障害名が心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害のいずれかに該当する者
  • 障害基礎年金1級の受給者
  • その他の重度障害者(児)

重度心身障害者(児)医療費助成制度の必要書類

  • 申請書
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 身体障害者手帳、障害年金証書など要件に該当することを証明するもの

重度心身障害者(児)医療費助成制度の申請窓口

市町村の福祉課

このカテゴリでは、障害者手帳、障害福祉サービス、障害年金、自立支援医療、税の減免など、障害者の自立と社会参加を支援する各種の公的制度について説明しています。
他の手続きの解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

その他のトピック

マイナンバー制度について

マイナンバーは、平成27年10月以降、それぞれの市区町村ごとに発送される「通知カード」によって知ることができます。
このカードは、住民票がある人すべてに対して郵送されることになっているため、たとえ外国籍の人でも、住民票がある限りは受け取ることになります。
その逆に、日本国籍があったとしても、現在国外に滞在しており、国内に住民票がない場合には、マイナンバーが通知されません。
その後日本国内に転入して、新しく住民票が作成されれば、そのときにマイナンバーが付与されることになります。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る