川崎保健所

小児慢性特定疾病の対象疾病

「小児慢性特定疾病」として医療費助成の対象となっているのは、国が指定した14疾患群、722疾病です。
それぞれの疾病について、一定の基準が設けられており、申請後には指定医が書いた「医療意見書」などにもとづく審査が個別に行われます。
こうした疾病の例として、たとえば慢性腎疾患としては、微小変化型ネフローゼ症候群、IgA腎症、慢性糸球体腎炎紫斑病性腎炎などが挙げられます。


指定小児慢性特定疾病医療機関について

指定小児慢性特定疾病医療機関とは、その医療機関で小児慢性特定疾病についての医療を受けたときに、小児慢性特定疾病の医療費の助成を受けられる医療機関のことをいいます。
この指定小児慢性特定疾病医療機関の申請は、その医療機関の所在地を管轄している都道府県、指定都市、中核市に対して行うことになっているため、住んでいる場所以外の都道府県などの指定状況を確認したい場合は、それぞれの都道府県などのホームページを閲覧するか、医療機関に直接問い合わせることになります。


他の医療証との関係

小児慢性特定疾病医療受給者証が交付されている場合は、病院などの受付窓口で、この医療受給者証を提示する必要があります。
そのほかにも、乳幼児医療証(マル乳医療証)、義務教育就学児医療証(マル子医療証)を持っている場合は、すべて受付に提示することになりますが、その際の優先関係としては、小児慢性特定疾病医療受給者証のほうが優先適用となります。


Amazon アソシエイト

 川崎保健所の所在地、地図、連絡先は次のとおりです。

 ここに地図が表示されるまでしばらくお待ち下さい。
 右下のロゴをクリックすると大きな地図に遷移します。
Webサービス by Yahoo! JAPAN
名称 川崎保健所
都道府県 神奈川県
所在地 川崎市東田町8
電話番号 044-201-3228
設置者 川崎市
管轄区域 川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区
備考  


小児慢性特定疾病医療費助成制度とは

小児慢性特定疾病医療費助成制度とは、国が指定する小児慢性疾病に罹患したことによって、長期の療養を必要とする児童に対し、その医療費の一部を助成する制度のことをいい、あらかじめ行政で指定した医療機関(院外薬局や指定訪問看護事業所を含む)での保険診療による医療費が対象となります。

[より詳しい解説記事を見る]

参考法令
児童福祉法(昭和22年法律第164号)
第19条の2 都道府県は、次条第3項に規定する医療費支給認定(以下この条において「医療費支給認定」という。)に係る小児慢性特定疾病児童等が、次条第6項に規定する医療費支給認定の有効期間内において、指定小児慢性特定疾病医療機関(同条第5項の規定により定められたものに限る。)から当該医療費支給認定に係る小児慢性特定疾病医療支援(以下「指定小児慢性特定疾病医療支援」という。)を受けたときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該小児慢性特定疾病児童等に係る同条第7項に規定する医療費支給認定保護者(次項において「医療費支給認定保護者」という。)に対し、当該指定小児慢性特定疾病医療支援に要した費用について、小児慢性特定疾病医療費を支給する。

サイト内検索

地方別索引

日本地図

ポジティブ・アクション

Amazon アソシエイト

▲ ページの先頭に戻る