宗像・遠賀保健所

小児慢性特定疾病の対象疾病

「小児慢性特定疾病」として医療費助成の対象となっているのは、国が指定した14疾患群、722疾病です。
それぞれの疾病について、一定の基準が設けられており、申請後には指定医が書いた「医療意見書」などにもとづく審査が個別に行われます。
こうした疾病の例として、たとえば慢性腎疾患としては、微小変化型ネフローゼ症候群、IgA腎症、慢性糸球体腎炎紫斑病性腎炎などが挙げられます。


医療費助成の支給認定

「小児慢性特定疾病」についての医療費助成を受けようとする場合は、都道府県の指定医の「医療意見書」その他の書類を添えて、都道府県(通常は保健所)などに申請をしなければなりません。
都道府県は、「医療意見書」などにもとづき児童の病状の程度を判断して、医療費助成が必要と認めるときは、医療費支給認定を行います。


他の医療証との関係

小児慢性特定疾病医療受給者証が交付されている場合は、病院などの受付窓口で、この医療受給者証を提示する必要があります。
そのほかにも、乳幼児医療証(マル乳医療証)、義務教育就学児医療証(マル子医療証)を持っている場合は、すべて受付に提示することになりますが、その際の優先関係としては、小児慢性特定疾病医療受給者証のほうが優先適用となります。


Amazon アソシエイト

 宗像・遠賀保健所の所在地、地図、連絡先は次のとおりです。

 ここに地図が表示されるまでしばらくお待ち下さい。
 右下のロゴをクリックすると大きな地図に遷移します。
Webサービス by Yahoo! JAPAN
名称 宗像・遠賀保健所
都道府県 福岡県
所在地 宗像市東郷1-2-1
電話番号 0940-36-2045
設置者 福岡県
管轄区域 中間市、宗像市、福津市、遠賀郡芦屋町、遠賀郡水巻町、遠賀郡岡垣町、遠賀郡遠賀町
備考 宗像総合庁舎


小児慢性特定疾病医療費助成制度とは

小児慢性特定疾病医療費助成制度は、小児慢性特定疾病にかかっている児童を健全育成する観点から、患児家庭の医療費の負担軽減を図るため、その医療費の自己負担分の一部を、公費によって助成する制度のことをいいます。

[より詳しい解説記事を見る]

参考法令
児童福祉法(昭和22年法律第164号)
第19条の2 都道府県は、次条第3項に規定する医療費支給認定(以下この条において「医療費支給認定」という。)に係る小児慢性特定疾病児童等が、次条第6項に規定する医療費支給認定の有効期間内において、指定小児慢性特定疾病医療機関(同条第5項の規定により定められたものに限る。)から当該医療費支給認定に係る小児慢性特定疾病医療支援(以下「指定小児慢性特定疾病医療支援」という。)を受けたときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該小児慢性特定疾病児童等に係る同条第7項に規定する医療費支給認定保護者(次項において「医療費支給認定保護者」という。)に対し、当該指定小児慢性特定疾病医療支援に要した費用について、小児慢性特定疾病医療費を支給する。

サイト内検索

地方別索引

日本地図

ポジティブ・アクション

Amazon アソシエイト

▲ ページの先頭に戻る