サイトの趣旨

このウェブサイトは、車椅子でも参拝可能な(おおむね拝殿、本堂や主要な建物の近くまで移動できる程度の)全国の神社仏閣・パワースポットをご紹介するページです。旅行をご検討する際の一助としてご活用いただければ幸いです。

個人で運営しているウェブサイトのため、内容の錯誤等ありましたらご容赦ください。

おことわり

こちらでご紹介しているいずれの神社仏閣においても、玉砂利や石畳による若干の段差や振動は避けられません。「完全なバリアフリーではない」という前提で、適切な介助者があれば参拝可能な範囲を示したものとご理解ください。

もし「介助者なしで」ということであれば、当サイトではあまりストックがありませんが、迷わず京都・奈良の観光地をお薦めします。身障者用駐車場、トイレ、スロープなどひととおりの設備はあるはずです。

また、建築物の改修や天災などにより、情報作成時点とは現地の状況が異なっている場合がありますのでご了承ください。

当サイトに掲載されている範囲であれば、比較的に舗装路面が多く、身障者用トイレもあるなど単独でも出掛けやすい施設として次のようなところが挙げられます。

いずれにせよ、障害の程度や種類は個々人によって異なるものですので、ご自身の状態にあわせた旅行プランをご検討ください。

サイト再開について

長らく休眠状態だったこのサイトを、以前のサーバーが使えなくなるのを機に再開させることにいたしました。

サイト創設から全国各地を回ってきましたが、私の場合、1回の旅行で軽く10万円以上は掛かるため、資金的にもかなり厳しくなり、サイトを更新するネタができるほどには頻繁に出歩けなくなったというのが実情です。

更新を停止していた間も、サイトにアクセスしていただいた方々がおられますし、明らかに境内の状況が変わってしまった神社仏閣などもいくつかありますので、最低限の加除訂正はしておいたほうがよいのではないかとの判断で、細々とではありますが、サイトを再開することにいたしました。

今後も本サイトをよろしくお願いいたします。 (平成27年12月24日)

サイト休止期間中からの主な変更について

長浜大通寺
山門の修築工事が終了し、山門を迂回せずに通行できるようになりました。


豊川稲荷
奥の院参道に多目的トイレが新たに設置されました。


彌彦神社
東参道(相撲場のあたり)に新たに多目的トイレが整備されました。


熊野本宮大社
裏参道から自動車で入り、段差のある神門を通らずに本殿まで車椅子で行ける通路ができました。あわせて瑞鳳殿の工事が完成しました。


鹿島神宮
東日本大震災で倒壊した大鳥居が再建されました。その脇の駐車場の舗装工事も完了し、身障者駐車スペース2台分が確保されるとともに、車椅子貸出も始まりました。


伊勢神宮外宮(豊受皇大神宮)
式年遷宮後は正宮の入口にあった段差が解消されました。


宇佐神宮
上宮本殿に至る車いす用、高齢者用のスロープと小型モノレール(スロープカー)が整備されました。


祐徳稲荷神社
高さ18メートルの御本殿に至るエレベーターの工事が開始され、平成28年春竣工予定です。


上野東照宮
社殿修復工事が完了しました。


土佐国分寺
金堂および大師堂の屋根葺き替え工事が完了しました。


猿田彦神社
拝殿に至る手すり付きのスロープが完成しました。


筑波山神社
参拝者駐車場の舗装整備及び擁壁工事が完了しました。




シェアする