写真や文章の引用について

このサイト「車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅」は、全国の神社仏閣・パワースポットのバリアフリー情報などを、より多くの人に知っていただくために開設しているものです。

その趣旨に適ったものであれば、当サイト内にある写真や文章を、ご自分がお持ちの他のサイトなどに、出典(「車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅」)を明示して引用されることについては、商用・私用を問わず、特に制限を設けておりませんし、法的にも認められています(著作権法第32条第1項)ので、特にサイト管理人の許可を得るためにご連絡いただく必要はありません

ただし、過去に大手の某旅行サイトが、自社でオリジナルに作成した文章として、当方の文章を観光名所の解説文として一句違わずそのまま盗用したため、当方が逆に盗用を疑われるという、たいへん心外な事案がありました。

少なくともこのサイト上で他人の書いた文章をそのまま剽窃するということはあり得ませんので、上記のような誤解を招くような方法で転載することだけは避けていただければ、あとは自由というスタンスとご理解ください。

なお、引用先のサイトについては当方は責任を持ちませんので、次の諸点に留意の上、それぞれのご判断でお願いします。

  • バリアフリー情報は掲載時のものにつき、現状と異なっている可能性があります。
    【玉砂利を入れ替えたために車椅子が沈んで通行できないようになってしまった、文化財修復工事のために当サイトで紹介している通路が通れなくなった、以前は拝観自由であったものが何らかの理由で立入禁止になってしまった、新しいバリアフリー通路が新設されたので掲載されている情報が古くなった、などの事例があります。】
  • 写真については、屋外に設置されている建物などにつき、神社仏閣側から個別に撮影許可いただいたものではありません。
    【商用として利用する場合などには財産権との兼ね合いから別途許可を得ることが必要になる可能性があります。】
  • 歴史・沿革などの記事については、解釈がわかれる場合があります。
    【基本的に神社仏閣のウェブサイトや群書類従本などの原典は当たっていますが、たとえば参考にした縁起の違いによって、創建年次や逸話が微妙に異なることはよく見られます。】
  • 著作権法その他の法律の改正によって、現時点では合法的であったとしても、将来も合法的であるとは限りません。【特に、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)による国内法整備の一環としての、著作権法の規定の非親告罪化などはまったく予測がつかず、当サイト管理人の意図を超えて、なんらかのトラブルが発生する可能性があります。】