笠森観音(笠森寺)

写真のダウンロード(笠森観音(笠森寺))

笠森観音(笠森寺)の写真をダウンロードするには、写真の上で右クリックしたのち、「名前をつけて画像を保存」を選択し、適当な場所を指定してください。サーバー設定の関係で、他のホームページからこの写真に直接リンクしても、うまく表示されないことがあります。
なお、境内見学が無料の施設(宝物館、庭園、内陣拝観など建物内は一部有料の施設を含む)のみ掲載し、有料施設は除外しています。

スポンサーリンク

参照元のページ

車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅
~神社・寺院の歴史やバリアフリー状況、境内図、写真、拝観料、駐車場のご案内


【車椅子の旅】笠森観音(笠森寺)
国内唯一の四方懸造の観音堂は床高16メートルの国重要文化財。

笠森観音(笠森寺)の概要

笠森寺は、千葉県長南町の天台寺院です。「四方懸造り」という観音堂は岩山の上に61本の柱を立て床高16メートルの舞台を築いた国内唯一の構造で、国の重要文化財です。坂東三十三観音霊場の一つでもあり、参道には子宝に恵まれる「子授楠」があるほか、境内売店の「黒い招き猫」も人気があります。

スポンサーリンク

このカテゴリでは、ウェブサイト『車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅』のそれぞれのトピックに掲載されているアイキャッチ画像をダウンロードできます。
その他の項目の解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

その他のトピック

マイナンバー制度について

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野において、国や地方公共団体などが利用することになっています。
このため、国や地方公共団体などへの申請手続きのためにマイナンバーを提供することはあるにしても、個人情報が拡散するのを防ぐため、むやみに他人にマイナンバーを提供すべきではないとされています。
ただし、勤務先や金融機関などについては、税や社会保障などの手続き上、マイナンバーを提供する必要はあるものとみられています。

リンク:マイナンバー制度

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る