車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅

都道府県別一覧

  • 修善寺
    修善寺 

    修善寺は、静岡県伊豆市にある曹洞宗の寺院で、伊豆の古湯として知られる修善寺温泉街の中心にあります。失脚した鎌倉幕府の2代将軍・源頼家が幽閉された場所ともいわれます。岡本綺堂の戯曲『修禅寺物語』などの文芸作品にも登場しています。
    [続きを読む]

  • 大井神社
    大井神社 

    大井神社は、静岡県島田市にある神社で、弥都波能売神・波邇夜須比売神・天照皇大神の三女神を祀っています。創建は不詳ですが、平安時代の『日本三代実録』に神階授与の記事がみえる古社であり、大井川流域の洪水による流着伝説をもっています。3年ごとに行われる島田大祭は「帯祭り」とも呼ばれ、女物の丸帯を持って登場する大奴を従えた大名行列が見どころで、「日本三奇祭」のひとつともされています。
    [続きを読む]

  • 静岡浅間神社
    静岡浅間神社 

    静岡浅間神社は、静岡県静岡市葵区にある神社で、式内社・駿河国総社です。山腹に古墳が残る鎮座地の賤機山(しずはたやま)は、静岡県の県名の由来ともいわれます。江戸時代には徳川家の崇敬を受け、高さ25メートルの浅間造りの大拝殿をはじめとして、多くの建物が国の重要文化財に指定されています。
    [続きを読む]

  • 足柄山聖天堂 

    足柄山聖天堂は、静岡県駿東郡小山町の足柄峠にある歓喜天をまつる小堂で、開運や縁結びの信仰をもって知られます。待乳山聖天、生駒聖天と並んで「日本三大聖天尊」の一つとされることもあります。付近には足柄関所跡や足柄城址などの史跡が多くみられ、「足柄万葉公園」として一帯が整備されています。
    [続きを読む]

  • 龍潭寺 

    龍潭寺(りょうたんじ)は、静岡県浜松市にある臨済宗の寺院です。「女城主」として知られる井伊直虎の父・井伊直盛が桶狭間の戦いで戦死すると、井伊家の菩提寺であったこの寺に葬られ、その法号と同じ「龍潭寺」という寺号にあらためられました。小堀遠州の作庭と伝わる龍潭寺庭園は国の名勝として指定されています。
    [続きを読む]

  • 東口本宮冨士浅間神社 

    東口本宮冨士浅間神社は、富士山の須走登山道に鎮座する神社で、世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつにもなっています。境内には富士講の御師が建てた記念碑が所狭しと建っています。
    [続きを読む]

  • 方広寺(奥山半僧坊) 

    静岡県浜松市の方広寺は、鎮守の名により「奥山半僧坊」とも称される、臨済宗方広寺派の大本山です。南北朝時代に後醍醐天皇の皇子・無文元選を開山として創建されたもので、約60ヘクタールの境内には巨大な本堂、三重の塔、半僧坊真殿などの伽藍が営まれ、参道には無数の羅漢像が佇んでいます。
    [続きを読む]

  • 事任八幡宮 

    事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)は、静岡県掛川市の式内社で、歌枕「小夜の中山」の入口にあり、清少納言の『枕草子』にも願いが叶う神社として「任事の明神いとたのもし」と記されています。遠江国一の宮で、社頭にはかつて旅人が往来した東海道が通っています。
    [続きを読む]

  • 可睡斎 

    可睡斎(かすいさい)は、静岡県袋井市にある徳川家康ゆかりの名刹で、「遠州三山」の一つです。「東海大僧録」として、江戸時代には幕府から三河・遠江・駿河・伊豆の曹洞宗寺院を統括する権限を認められていました。「花の寺」として知られ、春はぼたん園がにぎわうほか、「日本一の東司」(トイレ)もあります。
    [続きを読む]

  • 清見寺 

    清見寺(せいけんじ)は、静岡県静岡市の臨済宗の寺院で、近世には琉球使節や朝鮮通信使が滞在し、寺のある高台から望む駿河湾や三保の松原の絶景を賞した場所でした。また、水墨画で有名な雪舟や、自然主義文学の島崎藤村など、古今の文人墨客が訪れた地でもあります。
    [続きを読む]

  • 御穂神社 

    御穂神社は、静岡県の三保の松原近くにある天女の羽衣伝説ゆかりの神社で、海岸の羽衣の松から続く参道「神の道」は境内とともにユネスコの世界文化遺産の一部です。かつて駿河国三の宮として栄えました。
    [続きを読む]

  • 伊豆山神社 

    伊豆山神社は、静岡県熱海市の神社で、「走湯山」とも呼ばれます。修験道の祖・役小角が伊豆配流の際に修行したとされる関東屈指の霊場です。鎌倉初代将軍・源頼朝が北条政子と逢瀬を重ねた場所でもあったため、縁結びの御利益でも知られます。 険しい山道を登った先にあります。
    [続きを読む]

  • 砥鹿神社
    砥鹿神社 

    砥鹿神社は、愛知県豊川市の神社で、三河国一宮にあたります。古来信仰されてきた海抜789メートルの本宮山の山頂には奥宮もあります。里宮の境内には大己貴命を祀る本社、事代主命と建御名方命を祀る摂社えびす社が並び建ち、5月の例大祭では勇壮な流鏑馬神事が披露されています。
    [続きを読む]

  • 舘山寺 

    舘山寺(かんざんじ)は、静岡県浜松市にある弘法大師開創と伝える寺院で、本尊は虚空蔵菩薩です。火伏せの神として有名な秋葉山の末寺で、舘山中腹に位置し、眼下には風光明媚な浜名湖が広がります。周辺に観光資源も多く、終日楽しめるスポットです。
    [続きを読む]

  • 小國神社 

    小國神社は、静岡県周智郡森町、本宮山の南麓にある神社で、御祭神は大己貴命です。欽明天皇の時代に本宮山に御神霊が下ったために社殿を造営したとされています。遠江国一宮として朝廷や武家の崇敬が篤く、徳川家康も社殿を再建するなどしています。花菖蒲や桜、紅葉の名所としても知られており、正月の初詣客も25万人ほどに及ぶ人気のスポットです。 [続きを読む]

  • 三嶋大社 

    三嶋大社は、静岡県三島市にある旧官幣大社・伊豆国一の宮で、主祭神は大山祇神・事代主命です。『延喜式』神名帳に名がみえる古社で、中世以降は、源頼朝をはじめ多くの武将の崇敬を受けました。三島市の市街地にあり、朝早くから散策する人も多くみられます。
    [続きを読む]

  • 富士山本宮浅間大社 

    富士山本宮浅間大社は、静岡県富士宮市にある駿河国一の宮です。祭神は木花之佐久夜毘売命で、富士山頂に奥宮があります。境内の湧玉池は、富士山の雪水が伏流水となって集まったものといわれます。晴れた日には社殿の奥に富士山を仰ぎ見ることができます。ユネスコの世界文化遺産の構成資産のひとつにもなっています。 [続きを読む]


  • その他のリスト


    世界遺産

    文化財、景観、自然など、人類が共有すべき顕著な普遍的価値を持つ物件としてユネスコ世界遺産条約に基づき登録された神社仏閣。


    五重塔

    五重塔をもつ寺院。なかには国宝や重要文化財に指定されているものがある。一方で近代以降につくられたものも。


    一の宮

    中世以降、令制国のなかで最も社格が高いとされた神社。中央から国司が赴任後に最初に巡拝するなどしていた。


    式内社

    平安時代に編纂された『延喜式』神名帳に載る古くからの由緒ある神社。ただし、同じ地域に論社が複数あることも。


    懸崖造

    崖の上に柱を立てて空中に張り出したかたちをもつ建築物。懸造り、崖造りともいい、京都の「清水の舞台」は特に有名。


    日本三大虚空蔵

    全国の虚空蔵菩薩を祀る寺院のなかで特に有名な3か所。醍醐寺文書には福満・大満・能満を挙げるが、典拠により違いもある。


    重要無形民俗文化財

    風俗慣習・民俗技術・民俗芸能といった無形の民俗文化財のうち、特に重要なものとして国が指定したもの。


    檀林寺院

    かつて僧侶の学問所にあたる檀林が置かれていた寺院。仏教の宗派により異なるが、「関東十八檀林」などは特に有名。