車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅

都道府県別一覧

  • 酒折宮 

    酒折宮は、山梨県甲府市にある神社で、「連歌発祥の地」として知られます。日本武尊が東征の折に甲斐国造に任じられた塩海足尼が、社殿を建てて日本武尊を祀ったことにはじまるとされています。境内には国学者の本居宣長が撰文し、平田篤胤が揮毫した「酒折宮寿詞」などの石碑が残ります。
    [続きを読む]

  • 法泉寺 

    法泉寺(ほうせんじ)は、山梨県甲府市にある臨済宗の寺院で、「甲府五山」のひとつでもあります。南北朝時代に甲斐国守護・武田信武が創建したといい、甲斐武田氏滅亡時の当主・武田勝頼の墓所があります。夢窓国師坐像、勝頼公画像、その他武田信玄や徳川家康が発給した古文書などの寺宝を多く抱えています。
    [続きを読む]

  • 北口本宮冨士浅間神社 

    北口本宮冨士浅間神社は、日本武尊が創建したと伝わる、富士山の北麓に鎮座する神社です。南麓にある富士山本宮浅間大社などとともに、古くからの富士山信仰を物語る代表格であり、世界遺産としても登録されています。江戸時代には富士講の村上光清が私財を投じて社殿を整備し、多くの参拝者を集めました。例大祭である「吉田の火祭」では、街中に無数の松明が灯されます。 [続きを読む]

  • 東光寺
    東光寺 

    東光寺は、甲府善光寺から程近い「甲府五山」の一つに数えられる臨済宗の名刹で、諏訪頼重や武田義信の墓があります。檜皮葺き、禅宗様の仏殿は室町時代後期の建築物で、内部には御本尊の薬師如来像や十二神将像が安置され、国の重要文化財となっています。
    [続きを読む]

  • 大井俣窪八幡神社
    大井俣窪八幡神社 

    大井俣窪八幡神社は、山梨県山梨市の神社。檜皮葺の本殿は武田信玄の父・信虎が造替したもので、その他「日本最古の木造鳥居」はじめ境内外の建造物の多くが国重要文化財に指定されています。清和天皇の勅願により貞観元年(859)に宇佐神宮を勧請したのが始まりといい、甲斐源氏の崇敬を集めました。
    [続きを読む]

  • 甲斐善光寺
    甲斐善光寺 

    甲斐善光寺は、山梨県甲府市にある浄土宗の寺院で、御本尊は秘仏の善光寺如来。戦国大名・武田信玄が川中島の合戦のときに信濃善光寺の焼失を恐れて本尊を疎開させ、のち前立を本尊として存続したのが由来といいます。壮大な金堂建築と堂内天井の鳴き龍、戒壇巡りで有名です。
    [続きを読む]

  • 恵林寺
    恵林寺 

    恵林寺は、山梨県甲州市にある臨済宗の名刹で、甲斐武田氏の菩提寺でもあり、織田信忠の甲州征伐で焼き討ちに遭った際の快川和尚の遺偈とされる「安禅必ずしも山水を須いず、心頭滅却すれば火も自ら涼し」で有名です。境内には戦国の名将・武田信玄や甲府藩主・柳沢吉保の墓所があります。また、参道に建つ四脚門は国の重要文化財に、庭園は国の名勝に指定されています。
    [続きを読む]

  • 武田神社 

    武田神社は、山梨県甲府市の旧県社で、御祭神は戦国武将として有名な武田信玄公です。産業振興や勝負事の守護神として、地元の要望によって大正時代に創建されたもので、居城のあった躑躅ヶ崎館跡に鎮座しています。 [続きを読む]


  • その他のリスト


    世界遺産

    文化財、景観、自然など、人類が共有すべき顕著な普遍的価値を持つ物件としてユネスコ世界遺産条約に基づき登録された神社仏閣。


    五重塔

    五重塔をもつ寺院。なかには国宝や重要文化財に指定されているものがある。一方で近代以降につくられたものも。


    一の宮

    中世以降、令制国のなかで最も社格が高いとされた神社。中央から国司が赴任後に最初に巡拝するなどしていた。


    式内社

    平安時代に編纂された『延喜式』神名帳に載る古くからの由緒ある神社。ただし、同じ地域に論社が複数あることも。


    懸崖造

    崖の上に柱を立てて空中に張り出したかたちをもつ建築物。懸造り、崖造りともいい、京都の「清水の舞台」は特に有名。


    日本三大虚空蔵

    全国の虚空蔵菩薩を祀る寺院のなかで特に有名な3か所。醍醐寺文書には福満・大満・能満を挙げるが、典拠により違いもある。


    重要無形民俗文化財

    風俗慣習・民俗技術・民俗芸能といった無形の民俗文化財のうち、特に重要なものとして国が指定したもの。


    檀林寺院

    かつて僧侶の学問所にあたる檀林が置かれていた寺院。仏教の宗派により異なるが、「関東十八檀林」などは特に有名。