車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅

都道府県ごとの掲載スポット一覧

掲載スポット地図

[大きなマップで表示する]

「車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅」に掲載されたスポットを都道府県別で紹介するページです。


現在このページに表示されているのは「群馬県」の一覧です。
その他の都道府県は次のリンクをクリックしてください。

北海道地方
東北地方
[青森県][岩手県][宮城県][秋田県][山形県][福島県]
関東地方
[茨城県][栃木県][群馬県][埼玉県][千葉県][東京都][神奈川県]
中部地方
[新潟県][富山県][石川県][福井県][山梨県][長野県][岐阜県][静岡県][愛知県][三重県]
近畿地方
[滋賀県][京都府][大阪府][兵庫県][奈良県][和歌山県]
中国地方
[鳥取県][島根県][岡山県][広島県][山口県]
四国地方
[徳島県][香川県][愛媛県][高知県]
九州地方
[福岡県][佐賀県][長崎県][熊本県][大分県][宮崎県][鹿児島県]
桐生天満宮: 桐生天満宮は、群馬県桐生市にある神社です。景行天皇の時代に創建された磯部明神が起源で、後に京都の北野天満宮を勧請したと伝えられています。天正年間に桐生新町の町立てをした際には宿頭として整備され、現在も周辺は国が選定した重要伝統的建造物群保存地区となっています。
桐生賀茂神社: 賀茂神社は、群馬県桐生市にある神社です。崇神天皇の時代、豊城入彦命が山城国から賀茂神を勧請したとされています。『日本後紀』に延暦15年(796)官社に列したと載る上野国でも有数の古社で、現在でも「賀茂神社太々神楽」が奉納され、「賀茂神社御篝神事」が行われるなど、貴重な民俗文化を伝えています。
板倉雷電神社: 板倉雷電神社は、群馬県邑楽郡板倉町板倉にある神社です。利根川流域に分布する雷電神社の総本社となっており、茨城県水戸市の別雷皇太神、つくば市の金村別雷神社と合わせて「関東三雷神」の一つに数えられます。後に江戸幕府の5代将軍となった徳川綱吉により社殿が修築されており、群馬県の重要文化財に指定されています。
曹源寺: 曹源寺は、群馬県太田市にある曹洞宗の寺院です。新田義重が京都から迎えた祥寿姫の菩提を弔うために建てられた六角堂が起源とされています。現在の本堂は3階建ての江戸時代のさざえ堂で、入口から同じ通路を通らずに内部の百観音を巡拝して元の場所に戻ることができる特異な構造となっています。現存するさざえ堂(三匝堂)は数えるほどしかなく、福島県の旧正宗寺三匝堂、埼玉県の成身院百体観音堂とともに「日本三堂」のひとつとされます。
大光院: 大光院は、群馬県太田市にある浄土宗の寺院です。徳川家康が先祖にあたる新田義重を供養する目的で創建したことから、「義重山」の山号があります。浄土宗の学問所「関東十八檀林」のひとつとしても栄えました。初代の呑龍上人は捨て子や生活困窮者の子供を引き取り、弟子として養育していたため、現在でもこの寺院は「子育て呑龍」「呑龍さま」と通称され、安産・子育て祈願の御利益で親しまれています。
妙義神社: 妙義神社(みょうぎじんじゃ)は、群馬県富岡市、「上毛三山」のひとつである妙義山に鎮座する神社です。妙義山の山岳信仰とともに栄え、本殿に至る長い石段と、境内をとりまく高さ10メートルほどの石垣は壮観です。江戸時代には寛永寺の支配下に有り、輪王寺宮の隠居所にもなりました。本殿はじめ多数の建築物が国の重要文化財に指定されています。
世良田東照宮: 世良田東照宮(せらだとうしょうぐう)は、群馬県太田市に鎮座する「徳川発祥の地」とされる神社です。徳川家康を「東照大権現」として祀る東照宮のひとつですが、この地域には徳川氏の遠祖にあたる新田氏がかつて居館を構えていたことから、その所縁によって天海僧正が長楽寺境内に勧請したものであり、明治時代の神仏分離令によって独立した神社となりました。
茂林寺: 茂林寺は、群馬県館林市にある曹洞宗の寺院で、タヌキが化けた分福茶釜の昔話で有名です。境内には信楽焼のタヌキの置物が至る所に並べられ、茶釜の本物も拝観することができます。
冠稲荷神社: 冠稲荷神社(かんむりいなりじんじゃ)は、群馬県太田市にある神社で、伏見、信田、王子、妻恋、豊川、田沼の稲荷社とともに「日本七社稲荷」の一つです。御祭神は宇迦之御魂命ほかで、厄除けや縁結びに御利益があるとされています。極彩色の優美な社殿のまわりには、保育園や結婚式場といった施設もあります。
赤城神社: 赤城神社は、崇神天皇の皇子・豊城入彦命が東国に下向した折、山と沼の霊を奉斎したと伝える古社で、『延喜式』に名を留める式内社とされます。江戸時代には「赤城講」によって関東各地に勧請されました。現社殿は赤城山頂の大沼に浮かぶ小鳥ヶ島にあり、素晴らしい眺望です。
上野総社神社: 総社神社は、国司の便宜のため国庁近くに上野国内549柱を合祀し総社としたもので、平安後期の創建とされています。御神体は神々の名を記した「神名帳」そのもので、本殿は江戸初期の絢爛なものです。神社裏手には出土した石造物が並び、表からのアプローチとは異なる雰囲気があります。
伊香保神社: 伊香保神社は、群馬県渋川市の神社で、伊香保温泉の石段街の頂上に鎮座しています。平安時代の『延喜式』にも記載がある式内社のひとつで、医療・温泉の神として知られる大己貴命・少彦名命を祀ります。社殿は小さいものの、場所柄からか平日でも湯治客が参拝で列をなし賑わっています。