車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅

都道府県別一覧

  • 一本杉白山神社 

    一本杉白山神社は、岐阜県高山市にある神社で、菊理姫命ほかを祀ります。社殿裏手に白山を望む杉の老木がそびえ、武運長久を祈って矢を射立てたという古俗をもって知られています。この神社の前には日露戦争の「軍神」となった広瀬武夫中佐の寓居跡があります。
    [続きを読む]

  • お千代保稲荷 

    お千代保稲荷は岐阜県海津市にある「日本三大稲荷」の一つで、商売繁盛の御利益で親しまれています。参道には縁起物やナマズ料理、串カツを売る店などが多く立ち並び、特に月末の月並祭の日には夜通し混雑します。
    [続きを読む]

  • 南宮大社
    南宮大社 

    南宮大社(なんぐうたいしゃ)は、岐阜県不破郡垂井町にある式内社、美濃国一宮です。現社殿は関ヶ原の戦いで焼失後に徳川家光が再建した朱塗りの鮮やかなもので、国の重要文化財となっています。美濃国府の南に位置することから「南宮」といい、南宮山麓に鉱山の神・金山彦命を祀っています。
    [続きを読む]

  • 禅昌寺
    禅昌寺 

    禅昌寺は、岐阜県下呂市にある臨済宗の名刹で、飛騨国主・三木直頼が再興したと伝えられます。境内大方丈ほかの建物は江戸時代のもので、茶道宗和流の祖・金森宗和(金森重近)が造園した名勝庭園「萬歳堂」や「八方にらみの達磨」の異名をもつ雪舟筆の大達磨像ほか多くの寺宝があります。
    [続きを読む]

  • 櫻山八幡宮 

    櫻山八幡宮は、岐阜県高山市の神社で、主祭神は八幡大神(応神天皇)です。秋の例祭は国の重要無形民俗文化財の「高山祭」で、からくりを含む屋台曳きは「動く陽明門」とさえいわれ圧巻です。境内には「高山祭屋台会館」があり、絢爛豪華な屋台を常設展示しています。
    [続きを読む]

  • 明善寺
    明善寺 

    明善寺は、岐阜県白川村の浄土真宗の寺院で、世界遺産・白川郷にあり、入母屋造りの本堂、鐘楼門とも茅葺き屋根の貴重なものです。住職が暮らす庫裏は内部が5層からなる大掛かりな合掌造り建築で一見の価値があります。 [続きを読む]

  • 白川八幡神社 

    白川八幡神社は、岐阜県白川村の神社で、合掌造りで有名な世界遺産・白川郷の産土神です。御祭神は応神天皇で、和銅年間の創建と伝えます。境内の釈迦堂は荻町城主・山下氏勝が寛永4年(1628)に造営したもの。10月の例祭は「どぶろく祭り」として遠来の参加者にもどぶろくが振る舞われます。
    [続きを読む]

  • 飛騨国分寺
    飛騨国分寺 

    飛騨国分寺は、岐阜県高山市の寺院で、現本尊は薬師如来。聖武天皇の国分寺建立の詔に従い天平18年(746)に行基を開基として創建されたといいます。その後焼失と再建を繰り返し、現在の本堂は室町時代のもので国の重要文化財です。境内には飛騨地方唯一の三重塔もあり、市街地にあって存在感を放っています。
    [続きを読む]

  • 飛騨総社 

    岐阜県高山市の神社。朱雀天皇の頃の創建と伝えられ、大八椅命を主神に、飛騨国式内8社、国史現在社10社の神を祀っています。江戸時代に金森出雲守が大改修を行いますが、その後衰微したものを、本居宣長門人の田中大秀が再興しました。
    [続きを読む]

  • 飛騨一宮水無神社
    飛騨一宮水無神社 

    飛騨一宮水無神社は、岐阜県高山市にある式内社で、飛騨国一の宮、御祭神は御歳大神です。戦後の混乱期には草薙剣の疎開先でした。パワースポットとして注目される位山を御神体としており、島崎藤村『夜明け前』の主人公のモデルはこの社の宮司だった藤村の父とされています。
    [続きを読む]


  • その他のリスト


    世界遺産

    文化財、景観、自然など、人類が共有すべき顕著な普遍的価値を持つ物件としてユネスコ世界遺産条約に基づき登録された神社仏閣。


    五重塔

    五重塔をもつ寺院。なかには国宝や重要文化財に指定されているものがある。一方で近代以降につくられたものも。


    一の宮

    中世以降、令制国のなかで最も社格が高いとされた神社。中央から国司が赴任後に最初に巡拝するなどしていた。


    式内社

    平安時代に編纂された『延喜式』神名帳に載る古くからの由緒ある神社。ただし、同じ地域に論社が複数あることも。


    懸崖造

    崖の上に柱を立てて空中に張り出したかたちをもつ建築物。懸造り、崖造りともいい、京都の「清水の舞台」は特に有名。


    日本三大虚空蔵

    全国の虚空蔵菩薩を祀る寺院のなかで特に有名な3か所。醍醐寺文書には福満・大満・能満を挙げるが、典拠により違いもある。


    重要無形民俗文化財

    風俗慣習・民俗技術・民俗芸能といった無形の民俗文化財のうち、特に重要なものとして国が指定したもの。


    檀林寺院

    かつて僧侶の学問所にあたる檀林が置かれていた寺院。仏教の宗派により異なるが、「関東十八檀林」などは特に有名。