出羽神社(三神合祭殿)

出羽神社(三神合祭殿)

出羽神社は、山形県の羽黒山頂に鎮座する神社で、平安時代の『延喜式』に記された式内社。御祭神は伊氐波神・稲倉魂命。月山・羽黒山・湯殿山を「出羽三山」と呼び、古くから修験道の信仰の拠点として栄えました。深い杉木立に覆われたなかに国宝の五重塔はじめ数々の建物があります。

旅行先の地図

旅行先の概要

御祭神 伊氐波神・稲倉魂命
所在地 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7(社務所)
交通 JR羽越本線「鶴岡駅」から庄内交通バスで約50分、「羽黒山頂」下車。
山形自動車道「鶴岡IC」から車で約20分。
拝観料 無料
駐車場 随身門(五重塔経由の石段の参道入口)の周辺、山頂(三山合祭殿の参道入口)周辺にそれぞれ無料の舗装された駐車場あり。
URL
連絡先 出羽三山神社社務所 0235-62-2355

歴史・由来

出羽神社は、山形県の羽黒山頂に鎮座する神社で、平安時代の『延喜式』に記された式内社。御祭神は伊氐波神・稲倉魂命。

月山・羽黒山・湯殿山を「出羽三山」と呼び、古くから修験道の信仰の拠点として栄えました。このうち羽黒山には 冬場に雪で閉ざされる他の山の神をあわせて祀る「三神合祭殿」が置かれています。

伝説によると、蘇我馬子に暗殺された崇峻天皇の皇子・蜂子皇子が難を逃れてこの地に至り、三本足の烏に導かれて羽黒山を登拝、羽黒権現を感得して社を創建したと言われています。皇子の肖像は異形の姿で描かれることが多く、神秘的な力をもつ存在と考えられていたようです。

表参道は杉木立の中を険しい石段が続き、起伏に沿って摂社、末社や国宝の五重塔などの建造物が建ち並んでいますが、羽黒山有料道路で山頂近くまで行くことが可能です。

車椅子で旅行するポイント

出羽神社

【1】随身門周辺は駐車場あり。門の先の五重塔方面は全線が急階段で車椅子不可。

出羽神社

【2】随神門から5キロ以上先に有料道路入口。ここから車で山頂方面へ。

出羽神社

【3】 有料道路の終点は舗装駐車場。売店、バス停、身障者トイレがある。

出羽神社

【4】駐車場奥に案内所。貸出用車椅子あり。案内所わきから舗装された歩道を通り境内へ。

出羽神社

【5】舗装された参道から境内へ。境内は玉砂利敷で場所によっては(特に鏡池周辺)車輪の沈み込み注意。

出羽神社

【6】出羽神社三神合祭殿。急傾斜の正面階段からは介助があっても車椅子は困難。

出羽神社

【7】合祭殿の階段右側、参集殿との間のスロープから堂上まで移動可。ただし、通常は車止めの衝立が置かれている。


出羽神社境内図・案内図

周辺の名所・観光スポット

黒川能

世阿弥が大成した猿楽能の流れを汲むもののいずれの流派にも属さずに鶴岡市黒川地区の春日神社の氏子の間に受け継がれてきた伝統芸能で、国の重要無形民俗文化財。中央では廃れてしまった古い演目や演式を残している。

■参考リンク:山形県鶴岡市観光連盟>黒川能