霧島神宮

霧島神宮は、鹿児島県霧島市にある旧官幣大社。御祭神は瓊瓊杵尊など天孫降臨神話にゆかりの神々です。霧島山の噴火でたびたび炎上しており、朱塗りが鮮やかな正徳5年(1714)再建の現社殿は国の重要文化財です。霧島温泉郷にほど近く、境内の杉木立に霧が立ち込める幻想的な風景もみられます。

スポンサーリンク

旅行先の地図

旅行先の概要

御祭神 瓊瓊杵尊
所在地 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
交通 JR日豊本線「霧島神宮駅」からいわさきバス経由で約10分、「霧島神宮」下車。
九州自動車道「溝辺鹿児島空港IC」から車で約40分。
拝観料 無料
駐車場 神社敷地に第一(普通車)、第二(普通車)、バス駐車場あり。収容台数500台。舗装済みで無料。
URL
連絡先 霧島神宮 0995-57-000

歴史・由来

霧島神宮は、鹿児島県霧島市にある旧官幣大社。御祭神は瓊瓊杵尊など天孫降臨神話にゆかりの神々です。平安時代の『延喜式』神名帳にみられる「霧島神社」ではないかとされている神社の一つです。

鎌倉時代、霧島山の大噴火により社殿を焼失したため、長尾山に社殿を移して東霧島神社と称していたところ、1484年(文明16)に島津忠昌がこれを東西両社に分け、東社を瀬戸尾に遷座(現在の「霧島東神社」)し、西社はそののちも残って現在の「霧島神宮」になっています。

近世にも薩摩藩主島津氏歴代の厚い尊崇を受けており、朱塗りが鮮やかな正徳5年(1714)再建の本殿・拝殿・幣殿、登廊下、勅使殿は国の重要文化財に指定されています。

この社はさまざまな泉質・効能で知られる湯量豊富な霧島温泉郷にほど近く、境内の杉木立に霧が立ち込める幻想的な風景もみられます。

車椅子で旅行するポイント

霧島神宮

【1】第一駐車場の先にバス駐車場。休憩所手前に身障者トイレあり。

霧島神宮

【2】バス駐車場の先の表参道は石階段が続く。

霧島神宮

【3】休憩所では車椅子貸出あり。休憩所横の舗装された坂道をさらに上る。

霧島神宮

【4】坂道の先には新神楽殿があり、ここに舗装された駐車スペースあり。

霧島神宮

【5】新神楽殿の横から勅使殿まで移動可。玉砂利敷で沈み込みやすく要注意。

霧島神宮

【6】霧島神宮勅使殿。表参道は石畳で正面に階段。拝殿はさらに奥につき車椅子はここまで。



霧島神宮境内図

周辺の名所・観光スポット

霧島温泉郷

霧島山の中腹に位置し、坂本龍馬が日本初の新婚旅行に訪れた塩浸温泉や、温泉での運動浴を実践するリハビリテーションセンターがある丸尾温泉をはじめ、泉質も様々な大小9つの温泉からなる。

■参考リンク:霧島市総合観光案内

スポンサーリンク

シェアする

トラックバックURL(霧島神宮