【車椅子の旅】南宮大社



南宮大社

南宮大社(なんぐうたいしゃ)は、岐阜県不破郡垂井町にある式内社、美濃国一宮です。現社殿は関ヶ原の戦いで焼失後に徳川家光が再建した朱塗りの鮮やかなもので、国の重要文化財となっています。美濃国府の南に位置することから「南宮」といい、南宮山麓に鉱山の神・金山彦命を祀っています。
[南宮大社] ブログ村キーワード



目次

モバイル(AMP)ページの地図がうまく表示されないときは [通常ページ] を参照してください。

旅行先の地図

Webサービス by Yahoo! JAPAN

旅行先の概要

御祭神 【主祭神】金山彦命
【配祀】彦火火出見命、見野命
所在地 岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1
交通 JR東海道本線「垂井駅」から徒歩約20分
名神高速道路「養老SAスマートIC」から車で約10分または「関ヶ原IC」から車で約15分
拝観料 無料
駐車場 神社境内に舗装済の無料駐車場、他に境外周辺にも複数あり
関連サイト
連絡先 南宮大社 0584-22-1225

神社・寺院・名所旧跡の歴史

南宮大社(なんぐうたいしゃ)は、岐阜県不破郡垂井町の式内社、美濃国一の宮で、関ヶ原インター近くの国道21号(中山道)沿いに参道入口があります。関が原の戦いの際に毛利秀元らが布陣したことで知られる南宮山の山麓に建ち、山頂には奥宮が鎮座しています。

主祭神は金山彦命で、社伝によれば、神武天皇が長髄彦を征伐した際、金山彦命が八咫烏とともに軍を輔けたので、即位後にこれを祀り東山道の要路を鎮めたもので、府中にあったものを崇神天皇5年(前93)に南宮山上に、さらに後に現在地に遷座したといいます。

美濃国府の南にあることから「南宮」といい、かつては南宮山を「美濃の中山(仲山)」と称したことから「仲山金山彦神社」とも呼ばれていたようです。

南宮大社は、平安時代の『延喜式』神名帳では美濃国唯一の「名神大社」に列しており、平将門や安倍貞任の追討の勅願に効験があったことから朝廷から正一位の神階に叙せられ、元寇の際にも調伏祈願が行われています。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの際には安国寺恵瓊の手勢による放火で社殿が焼失しますが、寛永19年(1642)には3代将軍・徳川家光により朱塗りの鮮やかな社殿が再建され、現在は国の重要文化財となっています。

江戸時代には朱印地450石を有し、神仏習合のため神宮寺が置かれ、重要文化財の三重塔が残る真禅院をはじめ10あまりの社坊があったといいますが、明治の神仏分離によって独立した神社となりました。

金山彦命は金属一切を司る神として鉱山・金属加工関係者などの崇敬を集めており、11月8日の「金山祭」は「ふいご祭」とも呼ばれ、拝殿正面にある高舞殿の舞台上に鞴(ふいご)や炉が設えられ、鉄を鍛錬して奉納する特殊神事が行われます。また、5月4日・5日の例祭も、神輿渡御のほか、櫓の上で蛇頭を操る「蛇山(じゃやま)神事」などの独特の芸能が披露されます。

南宮大社の社殿の屋根を葺き替える「式年遷宮」は、51年目に行われる例となっており、近くは平成30年(2018)11月2日から4日にかけて、神輿渡御、稚児行列、餅まきその他の奉納神事が予定されています。

車椅子で旅行するポイント

南宮大社

【1】国道からの公道沿いに舗装駐車場とトイレ棟あり。トイレは車椅子不可。

南宮大社

【2】一般駐車場奥の楼門前にはさらに交通安全祈祷用の駐車場と祓所がある。

南宮大社

【3】下向橋は両端に2段の階段、その先の楼門にも段差あり。

南宮大社

【4】祓所の奥にある赤い橋を進む。これ以降は舗装された境内道路となっている。

南宮大社

【5】境内道路を進むと南門。若干の段差はあるが、階段を通らずに回廊内に移動できる。

南宮大社

【6】南宮大社拝殿。境内は玉砂利が厚く敷かれ車輪の沈み込みに要注意。正面は階段で賽銭箱はその上にある。



南宮大社境内図

周辺の名所・観光スポット

関ヶ原古戦場

慶長5年(1600)、徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が天下分け目の合戦を繰り広げた舞台となった場所で、平坦な田園内を農道が走り、一帯を桃配山、笹尾山などの丘陵が取り囲む。開戦地、決戦地などには陸軍大将・宇垣一成が揮毫した石碑が建ち、本陣跡には旗や逆茂木が復元されている。
【陣跡などは階段あり不可。身障者用トイレは現地にないため関ヶ原町役場を利用。】

■参考リンク:関ヶ原観光Web


シェアする

掲載場所一覧

ピンをクリックすると該当ページへのリンクが吹き出しで表示されます。地図の吹き出し以外の部分をクリックすると解除されます。 [大きな地図から検索]

トラックバックURL(南宮大社