大洗磯前神社

大洗磯前神社

大洗磯前神社は、茨城県大洗町にある神社で、御祭神は大己貴命・少彦名命。平安時代の『日本文徳天皇実録』に、海中に光る岩が現れて「民を救うために帰ってきた」と託宣したため祀ったとの記事があります。境内は海を見下ろす高台にあり、海中の神磯にも鳥居を構えるなど、海とのつながりの深い神社です。

旅行先の地図

旅行先の概要

御祭神 大己貴命、少彦名命
所在地 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
交通 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「大洗駅」から徒歩約25分、又は大洗町循環バス「海遊号」で16分、「大洗磯前神社下」下車。
北関東自動車道「水戸大洗IC」から車で約15分。
拝観料 無料。
ただし、「大洗海洋博物館」は大人500円、中高校生300円、小学生以下200円。
駐車場 神社南側に無料の舗装された駐車場あり。
URL
連絡先 大洗磯前神社 029-267-2637


歴史・由来

大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)は、茨城県大洗町にある神社で、御祭神は大己貴命・少彦名命。『延喜式』に「名神大社」の社格で登場する古社です。

平安時代の『日本文徳天皇実録』に、斉衡3年(856)、海中に僧侶の形をした光る岩が現れ、「我は大己貴・少彦名命である。昔この国を造り終えて東海に去ったが、今また民を救うために帰ってきた」と託宣したためにこれを祀ったとの記事があります。

戦国時代には小田氏と佐竹氏との合戦により社殿を焼失しますが、近世に入り、水戸藩2代藩主・徳川光圀から3代藩主・徳川綱條(つなえだ)にかけての時代に本殿以下の建物が再建されました。

社殿は海を見下ろす高台にあり、神が降臨したという海中の神磯にも鳥居を構えるなど、海とのつながりの深い神社です。境内には水産業に関する資料や水生生物の標本などを展示する「大洗海洋博物館」もあります。

また、近年では大洗町を舞台とした美少女戦車アニメ『ガールズ&パンツァー』が人気を博したことから、大洗磯前神社の境内社殿左手には、巨大なガルパン絵馬が奉納されています。

車椅子で旅行するポイント

大洗磯前神社

【1】海(神磯)から続く表参道は階段のため車椅子は不可。

大洗磯前神社

【2】案内板に沿って神社南側の坂を上ると舗装された駐車場に出る。

大洗磯前神社

【3】駐車場から舗装された歩道を境内へ。途中にトイレ(一般用)、博物館、休憩所あり。

大洗磯前神社

【4】境内は玉砂利敷で参道のみ石畳。神門に3段の階段あり。

大洗磯前神社

【5】神門左手にスロープがあり車椅子で移動可。ただし、地面との継ぎ目に若干の段差。

大洗磯前神社

【6】大洗磯前神社拝殿。周囲は芝生敷で参道は石畳。拝殿正面は参道より1段高い。



大洗磯前神社境内図

周辺の名所・観光スポット

アクアワールド

那珂川の河口に近い太平洋岸に建つ水族館。サメの飼育は国内有数。館内は出会いの海ゾーン、ミュージアムゾーンなど9つにゾーニングされ特徴的な展示を行う。イルカショー、ペンギンショーなども開催。【バリアフリー施設。車椅子貸出あり。障害者手帳提示で本人・介護者(身体障害3級以下の介護者は除く)とも半額】

■参考リンク:アクアワールド 茨城県大洗水族館

大洗シーサイドステーション

「潮風を感じられる海辺のステーション」として大洗海岸に整備された大型ショッピングモール。若者向けのブランドファッションを扱うテナントのほか、地元の海産物・野菜・酒類などの特産品を揃えた「大洗まいわい市場」、大洗町を舞台にしたアニメ「ガールズ&パンツァー」関連グッズの展示・販売を行う「大洗ガルパンギャラリー」などが入居する。周辺には「めんたいパーク」、「大洗マリンタワー」などの観光スポットが多数見られる。【身障者用駐車場・トイレ・エレベーター・車椅子貸出あり】

■参考リンク:大洗 SEASIDE STATION

大洗サンビーチ海水浴場

遠浅で白砂青松が続く大洗海岸に広がる海水浴場で、大洗マリンタワー【車椅子可】はじめ周辺観光も充実していることから家族連れに人気がある。バリアフリービーチとしても知られる。【車椅子対応の更衣室、シャワー、水陸両用の車椅子貸出(介護者が操作)あり】

■参考リンク:大洗町観光情報>海水浴場(ビーチのご案内)

■参考リンク:El Niño 大洗サーフライフセービングクラブ

トラックバックURL(大洗磯前神社