【車椅子の旅】白川八幡神社



白川八幡神社

白川八幡神社は、岐阜県白川村の神社で、合掌造りで有名な世界遺産・白川郷の産土神です。御祭神は応神天皇で、和銅年間の創建と伝えます。境内の釈迦堂は荻町城主・山下氏勝が寛永4年(1628)に造営したもの。10月の例祭は「どぶろく祭り」として遠来の参加者にもどぶろくが振る舞われます。



目次

モバイル(AMP)ページの地図がうまく表示されないときは [通常ページ] を参照してください。

旅行先の地図

Webサービス by Yahoo! JAPAN

旅行先の概要

御祭神 応神天皇
所在地 岐阜県大野郡白川村荻町559
交通 JR「名古屋駅」(名鉄バスセンター)から岐阜バス(高速白川郷線:予約制)で約2時間30分、「白川郷」下車
JR「高山駅」(高山濃飛バスセンター)から濃飛バス・北鉄バス・富山地鉄バス(白川郷・金沢線:一部時間帯は予約制)で約50分、「白川郷」下車
JR「高岡駅」から加越能バス(世界遺産バス)で約2時間10分、「白川郷」下車
東海北陸自動車道「白川郷IC」から車で約10分
白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道)「馬狩料金ゲート」から車で約10分
拝観料 境内無料
ただし、「どぶろく祭りの館」は大人300円、小人100円
駐車場 白川八幡神社境内に駐車場はない。
ただし、荻町合掌造り集落に直結する「であい橋」の川向うに「村営せせらぎ公園駐車場」(普通車500円)があり、観光客はここを利用する。混雑の場合は誘導員の指示で臨時駐車場へ。
また、国道156号荻町交差点付近に、身障者用駐車場(3台)および身障者用トイレを併設する「白川郷バスターミナル」が整備されている。
関連サイト 【白川郷観光情報】
連絡先 白川八幡神社社務所 05769-6-1624
どぶろく祭りの館 05769-6-1655

神社・寺院・名所旧跡の歴史

白川八幡神社は、岐阜県大野郡白川村にある神社で、応神天皇を御祭神とし、豪雪地帯特有の合掌造り集落で有名な世界遺産・白川郷の産土神となっています。

もとは和銅年間(708~715)の創建と伝えていますが、近世に入り荻町城主となった山下氏頼が八幡神を勧請してから「八幡神社」と呼ばれるようになりました。

境内の釈迦堂も荻町城主・山下氏勝が寛永4年(1628)に造営したもので、ユネスコの世界文化遺産の「伝統的建造物」の一翼を担っています。

毎年10月14・15日の白川八幡神社例祭は「どぶろく祭り」ともよばれ、赤鬼、青鬼が先導して獅子舞や旗、太鼓、神輿が集落を練り歩き、最後に村人や観光客に御神酒であるどぶろくが振る舞われます。

境内の「どぶろく祭りの館」では、合掌造り集落やどぶろく祭りの様子を記録したビデオの上映や、仏像、神像などの神宝の展示などが行われており、来館者はどぶろくの試飲もできます。

また、この社はアニメ・映画『ひぐらしのなく頃に』に登場する古手神社のモデルになったことから、拝殿に奉納されている絵馬にはキャラクターを描いたものが相当数に上ります。

車椅子で旅行するポイント

白川八幡神社

【1】舗装済のせせらぎ公園駐車場。身障者区画あり。奥に総合案内であいの館。

白川八幡神社

【2】総合案内であいの館に身障者トイレ、車椅子貸出、コインロッカーあり。

白川八幡神社

【3】であいの館に対面する丘は階段。脇のスロープを上りであい橋へ。

白川八幡神社

【4】「であい橋」は狭い場所でも1.8メートル幅あるが、集落入口の「白川郷バスターミナル」にも身障者用駐車場があるので、自動車で迂回してもよい。

白川八幡神社

【5】橋を渡った集落内は車道、人道とも舗装済で平坦。案内看板もあり。

白川八幡神社

【6】境内は玉砂利敷で正面から入ると数か所に階段あり。

白川八幡神社

【7】社務所脇はスロープ状につき階段を迂回。ただし路面は凹凸あり。

白川八幡神社

【8】玉砂利敷の広場を抜けてさらに奥のスロープを上ると賽銭箱あり。

白川八幡神社

【9】どぶろく祭りの館。入口はスロープ。絵馬、御朱印受付もこちらで。

白川八幡神社

【9-1】どぶろく祭りの館内部。2階は階段につき車椅子不可だが1階の床は平坦。

白川八幡神社

【10】どぶろく祭りの館裏手に御神酒殿。スロープを上ると拝殿下まで行ける。

白川八幡神社

【11】白川八幡神社拝殿。正面10段の階段あり車椅子ではここまで。



白川八幡神社境内図

写真【4】(2013年取材)および案内図に関連して、国道156号荻町交差点角の(旧)白川診療所は別の場所に移転し、2016年10月1日から、身障者用駐車場および身障者用トイレを併設した「白川郷バスターミナル」として供用開始されています。
また、図中の「展望台行きシャトルバス乗降所」は「荻町公園」(休憩所に身障者用トイレあり)として整備され、かわりにシャトルバスの発着地は「白川郷バスターミナル」となっています。

周辺の名所・観光スポット

荻町城跡展望台

中世白川郷を支配した内ヶ島氏(居城の帰雲城が天正大地震で埋没して滅亡)の家臣・山下氏勝の居城だったと伝わる場所で、断崖に建つ典型的な中世の山城。このため、合掌造りの荻町集落全体を見渡せる絶景スポットとなっており、カメラを片手にした観光客の姿も多い。冬季にはライトアップされる。

【自動車は荻町集落内には進入せず、手前の国道360号から進入すると、展望台前の舗装駐車場(無料)を利用できる。途中の道路脇に身障者用トイレあり。また、白川郷バスターミナルから白山タクシーの「展望台行きシャトルバス」(片道200円)が運行している。】

■参考リンク:白川村役場>荻町城跡展望台

コメント

  1. 酸いも甘いも飲み干す 白川村でどぶろく祭

    大野郡白川村の秋の風物詩どぶろく祭が14日、同村荻町の白川八幡神社で開かれ、観光客ら約2000人が風味豊かな濁り酒を味わった。15日まで。