相馬神社

相馬神社は、福島県相馬市の神社で、相馬中村城本丸跡にあります。「鎌倉四天王」と称された相馬氏の祖師常公を祭神として明治13年(1880)に建立されたもので、城跡には別に天之御中主神を祀り相馬野馬追の出陣式が行われる「相馬中村神社」も鎮座しています。

旅行先の地図

旅行先の概要

御祭神 相馬師常、天之御中主大神、平将門
所在地 福島県相馬市中村字北町101
交通 JR常磐線「相馬駅」から徒歩約20分。
常磐自動車道「相馬IC」から車で約10分。
拝観料 無料
駐車場 馬陵公園内及び神社境内に砕石敷の駐車場あり。無料。
URL 【Facebook】
連絡先 相馬神社社務所 0244ー35ー3362

歴史・由来

福島県相馬市にある旧県社で、相馬中村城の本丸のあった高台に鎮座しています。

源頼朝の家臣で奥州征伐に功績があり「鎌倉四天王」と称された相馬氏初代・相馬師常公を祭神として明治13年(1880)に建立され、併せて相馬氏の守護神である天御中主神(妙見菩薩と同体とされる)、一族の始祖である平将門公を祀っています。

境内には樹齢数百年といわれる藤の木があるほか、「馬陵公園」として整備されている城跡には600本以上のソメイヨシノが植栽されており、花の季節に人々の目を楽しませています。

また、城跡には別に天之御中主神(妙見菩薩)を祀り相馬野馬追の出陣式が行われる「相馬中村神社」も鎮座しています。

車椅子で旅行するポイント

相馬神社

【1】中門跡付近から玉砂利敷の直線参道。途中に身障者トイレあり。なお車両は相馬高校前の進入口から。

相馬神社

【2】参道を直進すると相馬中村神社。社務所までは行けるが拝殿は階段につき車椅子不可。

相馬神社

【3】相馬中村神社手前で折れて舗装済の坂道を上る。入口に案内板あり。

相馬神社

【4】車1台幅の坂道を上りきると境内。玉垣の外に砕石敷の駐車場所あり。

相馬神社

【5】相馬神社拝殿。参道は石畳で、途中左手に社務所あり。

相馬神社

【6】拝殿手前、狛犬の付近に2段ほどの階段があり、越えると拝殿前までは平坦。


相馬神社境内図

周辺の名所・観光スポット

相馬野馬追

太田、中村、小高の妙見神社の合同例祭に合わせて執り行われる神事で、甲胄姿の騎馬武者が競馬や神旗争奪を勇壮に繰り広げる。【当日は身障者席、駐車場、トイレあり】

■参考サイト:相馬野馬追

相馬中村神社

平将門が下総国に建立した妙見社に始まり、その後裔の初代中村藩主・相馬利胤が城内に妙見菩薩を祀ったもの。江戸初期の社殿は国重要文化財。境内で相馬野馬追の出陣式がある。【車椅子は社務所まで。拝殿は階段につき不可。】

■参考サイト:相馬中村神社

トラックバックURL(相馬神社