戸隠神社

戸隠神社中社

戸隠山の麓に鎮座する古社で、奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の5社を総称して「戸隠神社」と呼んでいます。平安時代から修験道の中心地として知られるところで、境内はうっそうとした杉木立に覆われ、厳粛な気分にさせられます。

旅行先の地図

旅行先の概要

御祭神 天八意思兼命
所在地 長野県長野市戸隠3506
交通 JR「長野駅」からアルピコ交通バスで約1時間、「中社宮前」下車。
上信越自動車道「長野IC」または「信濃町IC」から車で約30分。
拝観料 無料。
ただし、「宝物館」(「青龍殿」内)は一般300円、小学生以下200円。
駐車場 神社北西側に無料駐車場(約100台、大型バス可)あり。
URL
連絡先 戸隠神社 026-254-2001

歴史・由来

長野県長野市に鎮座。「奥社」に天手力男命、九頭竜大神、「中社」に天八意思兼命、「宝光社」に天表春命(あめのうわはるのみこと)と、神話の「天の岩戸開き」ゆかりの神々を祀っています。【「奥社」は車椅子不可。】

中世には「戸隠三千坊」といわれ隆盛を極め、戦国時代には武田信玄らが必勝祈願をし、徳川幕府も朱印領1000石を寄進しています。

「中社」には樹齢800年を超えるご神木・三本杉があり、戸隠神社の社務所や、重要文化財「通天牙笏」などを納める「宝物館」も置かれています。


車椅子で旅行するポイント

戸隠神社中社

戸隠神社中社

【1】表参道は階段につき、手前の県道をさらに奥社方面へと進む。

戸隠神社中社

【2】県道沿いに舗装された参拝者駐車場あり。

戸隠神社中社

【3】参拝者駐車場のさらに西側に舗装駐車場。身障者駐車区画、身障者トイレあり。

戸隠神社中社

【3-1】身障者トイレ内部

戸隠神社中社

【4】駐車場から西参道を境内へ。参道はコンクリート舗装の緩い坂、境内は玉砂利敷。

戸隠神社中社

【5】正面に休憩所兼宝物館。3段の階段の脇にスロープがある。

戸隠神社中社

【6】戸隠神社中社の拝殿。周囲は玉砂利敷、正面は階段で賽銭箱は段上にある。なお後方には滝がある。



戸隠神社中社境内図

周辺の名所・観光スポット

戸隠森林植物園

戸隠神社奥社に隣接する約70ヘクタールの広大な自然公園で、森林浴やバードウォッチングが楽しめるほか、高山植物園や水芭蕉の群生地などを結ぶ遊歩道も整備されている。中央広場の入口にある森林学習館では、戸隠の自然や生き物に関する情報を紹介している。【身障者トイレあり。奥社入口付近の一部が「バリアフリー遊歩道」として広い平坦な木道となっており車椅子で散策可。】

■参考リンク:戸隠森林植物園