宇佐神宮

宇佐神宮は、大分県宇佐市にある旧官幣大社で、御祭神は八幡大神、比売大神、神功皇后です。全国4万以上ある八幡宮の総本宮で、伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟として奈良時代から朝廷の崇敬も厚く、「託宣の神」として国政に関わります。朱塗りの本殿は「八幡造」とよばれる独特の様式で、国宝に指定されています。

スポンサーリンク

旅行先の地図

旅行先の概要

御祭神 八幡大神(応神天皇)、比売大神、神功皇后
所在地 大分県宇佐市南宇佐2859
交通 JR日豊本線「宇佐駅」から大分交通バスで約10分、「宇佐八幡」下車。
宇佐別府道路「宇佐IC」から車で約15分。
拝観料 無料。
ただし、「宝物館」は大人300円、中・高校生200円、小学生100円。
駐車場 国道10号沿いの神社表参道入口に舗装された駐車場あり(普通車400円)。他に西参道入口に同様の有料駐車場あり。
URL
連絡先 宇佐神宮庁 0978-37-0001

歴史・由来

宇佐神宮は、大分県宇佐市にある旧官幣大社で、御祭神は八幡大神(応神天皇)、比売大神、神功皇后です。全国2万余といわれる八幡宮の総本宮です。

『扶桑略記』によれば、欽明天皇32年(571年)に御許山の山頂に創祀され、神亀2年(725)現在地に社殿が建立されたとされており、現在も境内に御許山の遥拝所があります。

もとは宇佐地方の土着の神とみられていますが、伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟として奈良時代から朝廷の崇敬も厚く、東大寺の大仏鋳造の際には八幡神の託宣により陸奥国から砂金が献上され、また称徳天皇の時代には皇位を簒奪しようとした弓削道鏡が神託により失脚するなど、「託宣の神」としても国政に関わるようになります。

江戸時代に建築された朱塗りの本殿は、第一殿から第三殿までが東西に並ぶ「八幡造」とよばれる独特の様式で、国宝に指定されています。

車椅子で旅行するポイント

以下は掲載時点の古い情報です。宇佐神宮では平成25年に「上宮本殿」に至る小型モノレール(所要時間1分。定員6名、車椅子乗車の場合は介護者含め3名まで、2台同時は不可)とスロープが設置されました【参考】。写真【8】と【9】の間にある橋の下を潜ってモノレールまで行けます。

宇佐神宮

【1】国道10号沿いの宇佐神宮入口に舗装駐車場。身障者区画と身障者トイレあり。

宇佐神宮

【2】参道途中までは舗装され店舗が並ぶ。

宇佐神宮

【3】境内は平坦だが玉砂利敷。段差の脇にはスロープ。

宇佐神宮

【4】境内宝物館向かいに身障者トイレあり。

宇佐神宮

【5】手水舎にもスロープあり車椅子移動可。

宇佐神宮

【6】手水舎を越えると階段あり。左手の舗装された歩道に進む。

宇佐神宮

【7】歩道は階段の途中を横切るように高台を走る。

宇佐神宮

【8】宇佐神宮の本宮・若宮方面には階段があり、ここからでは車椅子不可。

宇佐神宮

【9】下宮方面は石畳が続き車椅子で拝殿付近まで移動可。



宇佐神宮境内図

周辺の名所・観光スポット

由布院温泉

大分県由布市にある温泉郷。泉質は単純泉で、活火山である由布岳の麓にあることから豊富な湯量を誇る。無秩序なリゾート開発を地域ぐるみで抑制してきたことから、温浴施設に加えて、品の良いギャラリーや雑貨、カフェなどが点在する街並みが生まれている。
【バリアフリー対応の宿泊施設あり】

■参考リンク:由布院温泉観光協会(公式サイト)

スポンサーリンク

シェアする

トラックバックURL(宇佐神宮