四国遍路一覧

スポンサーリンク

【車椅子の旅】屋島寺

屋島寺は、香川県高松市の真言宗の寺院で、四国八十八箇所の第84番札所となっています。源平合戦で有名な屋島の南嶺に位置しており、入母屋造の本堂は鎌倉時代...

【車椅子の旅】志度寺

志度寺は、香川県さぬき市にある真言宗の寺院で、四国霊場第86番札所です。謡曲『海人』にある「海女の玉取り伝説」を伝え、志度湾に面した境内には海女の墓や...

【車椅子の旅】白峯寺

白峯寺は、香川県の白峯山上にあり、憤怒のあまり天狗に化したという崇徳院が配所で崩御された後に廟所として営まれた頓証寺殿のある真言宗の寺院です。もとは平...

【車椅子の旅】総本山善通寺

善通寺は、香川県善通寺市にある寺院で、弘法大師誕生の地として有名です。境内は金堂や五重塔などがある東院と、御影堂などが並ぶ西院にわかれます。四国八十八...

【車椅子の旅】最御崎寺

最御崎寺は、高知県の室戸岬上にある、四国八十八ヵ所24番札所にあたる寺院であり、本尊は虚空蔵菩薩です。室戸岬で修行した空海が唐から帰国後に創建したと伝...

【車椅子の旅】土佐国分寺

土佐国分寺は、高知県南国市の寺院で、現本尊は千手観音。聖武天皇の国分寺建立の詔により天平13年(741)に行基が開創し、のちに弘法大師空海が毘沙門天を...

【車椅子の旅】霊山寺

霊山寺は、徳島県鳴門市の寺院で、四国八十八箇所霊場の第一番札所。御本尊は釈迦如来。天平年間に聖武天皇の勅願により行基が開創し、弘法大師が修行したところ...