中尊寺(金色堂)

中尊寺

中尊寺は、岩手県平泉町にある天台宗の寺院です。奥州藤原氏ゆかりの寺で、堂の内外に金箔を押し、須弥壇に三代のミイラを納めた「金色堂」で知られます。宝物殿の「讃衡蔵」には多くの文化財が残されており、一帯は世界遺産にも登録されています。

旅行先の地図

旅行先の概要

御本尊 釈迦如来(旧本尊は阿弥陀如来)
所在地 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
交通 JR東北本線「平泉駅」から徒歩約25分、又は平泉町巡回バス「るんるん」経由で約10分。
東北自動車道「平泉前沢IC」から車で約15分。
拝観料 (金色堂・讃衡蔵・経蔵・旧覆堂)大人800円、高校生500円、中学生300円、小学生 200円【身障者手帳提示で半額】
駐車場 月見坂向かいに「町営中尊寺第1駐車場」(収容台数155台。普通車400円【身障者無料】)、国道4号沿いに「町営中尊寺第2駐車場」(収容台数322台。普通車400円【身障者無料】)あり。舗装済み。身障者区画あり。さらに讃衡蔵下に砕石敷の「坂の上駐車場」(普通車500円)あり。
URL
連絡先 中尊寺事務局 0191-46-2211

歴史・由来

中尊寺は、岩手県平泉町にある天台宗の寺院で、もとの御本尊は阿弥陀如来でしたが、近年になって古例により丈六の釈迦如来を安置しています。

寺伝では嘉祥3年 (850)、慈覚大師円仁の開創とされていますが、平泉の衆徒が源頼朝に提出した『寺塔已下注文』から、実質的には奥州藤原氏の初代・藤原清衡が12世紀に建立した「多宝寺」にはじまるものとみられており、往時は寺塔40余宇を数える大伽藍であったことが知られます。

その後、建武4年(1337)の火災で伽藍はほぼ全焼してしまいますが、堂の内外に金箔を押し、須弥壇に藤原三代と泰衡の首級のミイラを納めた「金色堂」は火災を免れ、今もその輝きを留めています。【金色堂内部はカメラ撮影禁止】

このほか、宝物殿の「讃衡蔵」には旧本尊の阿弥陀如来坐像をはじめとする多くの文化財が残されており、一帯は世界遺産にも登録されています


車椅子で旅行するポイント

中尊寺

【1】入口の月見坂は未舗装(途中コンクリートのすべり止め突起あり)の急坂のため車椅子での移動は不適。

中尊寺

【2】第1駐車場向かいに月見坂に合流する舗装済の坂。終点に身障者トイレもあるが勾配は急。

中尊寺

【3】中尊寺交差点から第1駐車場を越えて車でさらに先へと向かう。

中尊寺

【4】中尊寺交差点から入る坂を直進すると右手に「坂の上駐車場」。ここから車椅子で道なりに進むと境内。

中尊寺

【5】坂の上駐車場から月見坂よりは緩傾斜の舗装された坂道を経て宝物館脇に出る。駐車場からは約150メートル。

中尊寺

【6】宝物館の入口・内部は平坦で車椅子も拝観可能。入口に貸出用車椅子あり。内部は撮影禁止。

中尊寺

【7】金色堂の入口は階段だが、横に車椅子用のスロープあり。

中尊寺

【8】金色堂内部は平坦で車椅子でも拝観可能。内部は撮影禁止。出口にもスロープあり。

中尊寺

【9】参道未舗装のため雨天注意だが、白山神社・能舞台へも車椅子での移動は可。

中尊寺

【10】白山神社への未舗装道は途中で軽食・甘味かんざん亭へ分岐。入口にスロープ。

中尊寺

【11】本坊正面は階段だが、左手横の門から進入可能。地面との接続部に多少の段差。

中尊寺

【12】本坊の本堂は、正面に2段のコンクリートの階段があり、さらに堂上に行くには木の階段。賽銭箱は堂上。



中尊寺境内図

周辺の名所・観光スポット

柳之御所

北上川沿いに位置する奥州藤原氏の政治拠点「平泉館」の跡と推定される平安末期の遺跡。国道バイパス及び堤防工事に伴う発掘調査で存在が明らかになった。遺跡から出土した陶磁器、墨書土器などの考古資料を展示する「柳之御所資料館」が開館している。【車椅子可】

■参考リンク:平泉町>柳之御所資料館

コメント

  1. […] らの舗装済みの緩い坂道を通って宝物館脇に出る経路もあるようです。そちらを通れば、ベビーカーでも問題なく移動できそうです。詳しくはこちら(外部サイト)で紹介されています。 […]

  2. […] 中尊寺(ちゅうそんじ) 岩手県西磐井郡平泉町 […]

  3. […] 中尊寺(ちゅうそんじ) 岩手県西磐井郡平泉町 […]