恐山菩提寺

恐山菩提寺

恐山は、高野山、比叡山と並ぶ「日本三大霊場」のひとつで、イタコの口寄せで有名なところです。石地蔵や風車がそこかしこに並び、地獄を連想する荒涼とした光景が広がっています。

スポンサーリンク

旅行先の地図

旅行先の概要

御本尊 地蔵菩薩
所在地 青森県むつ市田名部宇曾利山3-2
交通 JR大湊線「下北駅」から下北交通バスで約40分
八戸自動車道「八戸IC」から国道4号・国道279号経由、車で約2時間30分
入山料 500円(開山期間は毎年5月1日~10月31日につき注意)
駐車場 門前に約300台収容の砕石敷の駐車場あり(無料)。総門に近い側は身障者用区画。
URL なし
連絡先 恐山寺務所 0175-22-3825

歴史・由来

恐山は、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつ。

外輪山に囲まれた宇曽利山湖一帯は硫黄や温泉が噴き出し奇観を呈しており、古来「地獄」になぞらえられ、女人往生、死者供養のための信仰の拠点となってきました。

恐山菩提寺「円通寺」は、貞観4年(862)に霊夢を受けて慈覚大師円仁が開いたと伝えられており、その地蔵堂には、7月20日から24日の恐山大祭、10月上旬の恐山秋詣りにあわせて津軽各地の「いたこ」が集まり、死霊の言葉を聞かせる口寄せを行います。

また、一帯は温泉地帯のため、境内にも薬湯があり、参詣者は自由に入浴できるようになっています。

車椅子で旅行するポイント

恐山菩提寺

【1】公道の終点は砕石敷の無料駐車場。身障者区画あり。

恐山菩提寺

【2】入山料を納めて総門へ。階段あるも右側にはスロープ。

恐山菩提寺

【3】境内は玉砂利敷で参道は石畳で平坦。山門まで進むとスロープと回廊がある。

恐山菩提寺

【4】祈祷の場合は寺務所に申し出て平坦な回廊から地蔵殿へ。

恐山菩提寺

【5】回廊外周(犬走り)は玉砂利敷だが概ね平坦で地蔵殿に続いている。

恐山菩提寺

【6】地蔵殿への参道正面は階段。回廊は建物に接続。

恐山菩提寺

【7】地蔵殿左は極楽浜への砂道。見た目ほど険阻ではないが段差あり車椅子には厳しい。

恐山菩提寺

【8】砂地の地面が露出した賽の河原。その先に宇曽利山湖と極楽浜が広がる。

恐山菩提寺境内図

みどころ

イタコの口寄せ

7月下旬の恐山大祭、10月上旬の恐山秋詣りにあわせて津軽各地のイタコが集まり死霊の言葉を聞かせる口寄せを行う。なお恐山菩提寺とは直接的な関係はない。

スポンサーリンク

シェアする

トラックバックURL(恐山菩提寺