清澄寺

清澄寺(せいちょうじ)は、千葉県鴨川市にある日蓮宗の大本山で、日蓮聖人が立教開宗した寺院として知られています。境内には国の天然記念物に指定される「清澄の大杉(千年杉)」があるほか、清澄山の山頂の旭が森から昇る朝日は「日本の朝日百選」にも選定されています。

スポンサーリンク

旅行先の地図

旅行先の概要

御本尊 法華曼荼羅(もとは虚空蔵菩薩)
所在地 千葉県鴨川市清澄322-1
交通 JR外房線「安房天津駅」からコミュニティバス(清澄ルート)経由で約15分、「清澄寺」停留所下車
館山自動車道「君津IC」から房総スカイライン、鴨川有料道路を経由して自動車で約40分
拝観料 無料
ただし、「宝物殿」(要予約。入口階段で車椅子不可)は大人200円、中学生以下100円
駐車場 境内に入ると祈祷車向けに砕石敷の広大な平坦地がある。途中の道路沿いにも市営無料駐車場や民間の有料駐車場がある。
URL
連絡先 大本山清澄寺 04-7094-0525

歴史・由来

清澄寺(せいちょうじ)は、千葉県鴨川市の清澄山上にある日蓮宗の大本山で、もとは虚空蔵菩薩を祀る天台宗の寺院でしたが、のちに日蓮宗に改宗しています。

奈良時代の宝亀2年(771)、「不思議法師」とよばれる旅の僧侶が、山が光るのを見て虚空蔵菩薩の像を彫り、これを祀る寺院を建立して山岳宗教の拠点としたのがはじまりで、承和3年(836)には慈覚大師円仁がこの地を訪れて清澄寺を再興し、天台宗の寺院となったと伝えられています。

貞応元年(1222)、今の鴨川市小湊の漁民の子として誕生した日蓮は、天福元年(1232)、12歳のときにに清澄寺の道善房に入門し、出家得度しますが、本尊の虚空蔵菩薩(能満虚空蔵尊)に「日本第一の智者となし給へ」と誓願すると、比叡山をはじめ各地を遊学します。

そうしたなかで、法華経が唯一の救済の手段であることを確信した日蓮は、建長5年(1253)、32歳のときにふたたび清澄寺へと帰山し、境内の高台にある旭が森で昇天する朝日に向かってはじめて「南無妙法蓮華経」という題目を唱え、この地で「立教開宗」したといいます。

境内には天然記念物として国が指定する「清澄の大杉(千年杉)」があり、長い歴史を感じさせるほか、旭が森から昇る朝日は「日本の朝日百選」にも選定されていて、特に元旦の初日の出は地理的に本州の東端にあたることから「日本一早い初日の出」として知られています。

車椅子で旅行するポイント

seichoji_temple_1.jpg

【1】清澄寺の手前500メートルの道路沿いに舗装された市営駐車場(無人・無料)。身障者トイレと身障者駐車スペースあり。

seichoji_temple_2.jpg

【2】身障者トイレ内部(手すり、非常呼出ボタン、小児用ベッドあり)

seichoji_temple_3.jpg

【3】途中「この先行き止まり」の標識はあるが、奥に進めば仁王門があり、門の階段脇から自動車で境内に入れる。

seichoji_temple_4.jpg

【4】清澄寺境内には祈祷車用の広大な駐車スペースがある。ここは砕石敷で平坦。

seichoji_temple_5.jpg

【5】清澄寺大堂(本堂)は高台に位置し石階段があるが、左脇に「女坂(スロープ)」という小さな看板が立っているのでここを進む。

seichoji_temple_6.jpg

【6】女坂はやや傾斜があるが介助があれば車椅子で登って祖師堂脇に出られる。

seichoji_temple_7.jpg

【7】清澄寺の大堂(写真右)、祖師堂(写真左)。周囲は石畳および玉砂利で概ね平坦。階段があるので堂の中には上がれない。

seichoji_temple_8.jpg

【8】中門からは段差があるので車椅子は不可。もとの女坂のスロープを戻る。

seichoji_temple_9.jpg

【9】ただし、【4】の祈祷車駐車場の端に本坊に登るための車道がある。段差はないが車椅子にはかなり急坂。



清澄寺境内図

境内配置図 [凡例]
大堂:能満虚空蔵尊 寺務所 祖師堂 鐘楼 観音堂 中門 宝物殿 本院 札所 仁王門 祈祷車駐車場 千年杉 星の井戸 練行堂 報恩殿 信育道場 研修会館 会館建物内駐車場 天富神社 旭が森 仏舎利塔 鴨川市営清澄第1駐車場:無料

移動のしやすさ ★★★☆☆
バリアフリーの状況 清澄寺は標高377メートルの清澄山の上に位置しているため、境内の小高い場所に堂宇がある。車椅子用の参拝ルートがあるので、自動車で境内にまで乗りつければ、介助をしてもらった上で参拝ができる。ただし、堂の上までは階段があるので不可。

周辺の名所・観光スポット

鴨川シーワールド

「鴨川シーワールド」は、「海の世界との出会い」をコンセプトとする水族館で、11000点を超える海生生物が展示されています。館内ではサメの一種であるベルーガの水中パフォーマンスやイルカショーなどが楽しめます。温泉大浴場もあるオーシャンビューのオフィシャルホテルが併設されているほか、ギフトショップやバイキングレストラン、フードコートなどのさまざまな楽しみ方ができる施設があります。
【スロープ、エレベーター、身障者用トイレ、車椅子観覧スペース、車椅子貸出あり】

■参考リンク:<公式>鴨川シーワールド-東京・千葉の水族館テーマパーク

スポンサーリンク

シェアする

トラックバックURL(清澄寺