子供の慢性的な病気のなかでも、小児がんのように、生命を長期にわたって脅かしたり、症状や治療が長期にわたって生活の質を低下させるようなものなどについては、高額な医療費の負担をできるだけ軽減するため、国が「小児慢性特定疾病」に指定して、その医療費を助成する制度が設けられています。


スポンサーリンク

サイト内検索



メニュー


小児慢性特定疾病とは
全国の保健所
北海道地方 東北地方 関東地方 中部地方 近畿地方 中国地方 四国地方 九州地方 沖縄地方

スポンサーリンク

地方別索引



検索




参考




▲ ページ本文に戻る